5
5月1日公開の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観賞した。

この映画は2004年に公開されたゼブラーマンの続編で

時は2025年の東京、そこはゼブラシティと化した街で

午前、午後5時にゼブラタイムが導入され、

人殺しをしてもよいという法令が適用された時代に、

記憶を失ったゼブラーマンがもう1人の黒ゼブラーマンこと

ゼブラクイーンと対決し、さらにエイリアンと対決するストーリーである。

前作は哀川翔映画100本目の記念作品として制作されたが、

今回は仲里依紗をフィーチャーした作品となっており、

その対決は見逃せないものとなっている。
前作は観ていないものの、かなり話題作だったという事と、

何よりも仲里依紗の初の悪役ぶりと演技に注目して

観た作品となった訳だけれど、

ストーリーとして考えると速い話ギャグばっかりなんだけれど、

事ゼブラーマン対決となった時にはこれが意外と面白かったりする。

ラストのオチはちょっとどうなのかとは思うけれど、

結果的には最後まで面白く観賞する事ができたと思います。

そんなゼブラクィーンの活躍ぶりをレビューしたいと思います。

キャスト

ゼブラーマンこと市川新市演じる哀川翔

ゼブラクィーンこと相原ユイ演じる仲里依紗

謎の少女で物語のカギを握るすみれ演じる永野芽郁

市川新市の元教え子で現在は看護師をしている浅野晋平演じる井上正大

ゼブラシティの知事に当選しゼブラタイムを導入した相原公造演じるガナルカナル・タカ

テレビ版ゼブラーマンを演じた市場純市演じる田中直樹

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

小学校教師の市川新市が目覚めると、そこは見知った東京ではなく、

ゼブラシティと呼ばれる街に様変わりしていた。

警官にいきなり発砲され意識を失った新市は、

白装束の者たちにゼブラシティ外のコミューン・白馬の家に連れていかれる。

そこで自分が15年前に地球を救ったゼブラーマンだと知った新市は、

かつての自分を取り戻すべくリハビリ生活を開始するが……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてなぜゼブラクィーンが誕生したのかも、

そしてどうして新市が白ゼブラーマンになってしまい、

記憶を失ったのかもそれは描かれていたのである意味納得したんだけれど、

元々新市はゼブラーマンになりたくてなったという訳でなく、

小さい時にゼブラーマンにあこがれて

たまたまゼブラーマンになってしまったというのがこと真相だ。

そしてゼブラーマンの活躍でエイリアンを倒したのは前作だった訳だけれど、

今作はどういう訳か新市が記憶を失ってストーリーが始まる。

そこはゼブラシティと変えた東京で午前5時、午後5時に

5分間のゼブラタイムが発動して人殺しをして良いという

法令となってしまっている。

そこで新市はゼブラポリスに襲われ銃弾を100発以上受けるが、

さすがゼブラーマンだけあって死ぬ訳がない。

そこで助けられた新市はかつての教え子だった晋平に出会う。

そこでゼブラーマンの活躍を軸に再製作された

テレビ版ゼブラーマンを演じた市場がゼブラーマンの活躍を描いた

DVDを新市に見せて次第に新市は記憶を取り戻す。

その頃ゼブラシティの知事相原公造は本物のゼブラーマンを探していた。

娘の相原ユイは自ら仕立てたゼブラクィーン・・・

PVでSM的なアーティストとなっている

ユイは40週連続首位だったオリコンチャートで首位から陥落した。

それを良しとしないユイは首位を取ったアーティストを殺してしまった。

これはユイの中に眠る悪の意識な訳だけれど、

これでユイの暴走が止まらなくなる。

その頃新市はある少女と出会う。

その少女はすみれという少女だったけれど、

その少女に触った途端新市はゼブラーマンだった

自分を次第に思い出していた。

その少女は既に25歳でエイリアンが住み着いた事で成長しなくなっていた。

ユイはゼブラーマンの居場所を知り、

公造を暗殺してゼブラーマンを襲うために

ゼブラタイムのエリアを拡大してゼブラーマンを襲う。

そして新市は白ゼブラーマンとなり戦う。

そしてユイもまた黒ゼブラーマンとなり対決する。

しかしその先にはとんでもない事態が待っていた。

果たして白ゼブラーマンと黒ゼブラーマンの戦いの行方は?

そしてその先に待っていた事態と結末とは?

結末は劇場で観てほしいけれど、

とにかく黒ゼブラーマン事ゼブラクィーンの活躍は

このストーリーの最大の見所だったし、

何より仲里依紗をフィーチャーするような演出だったので

それだけでも十分すぎる内容だった。

私は彼女の主演作はこれまで1作品も観ていないものの、

脇役作品は何作品が観ているけれど、

今までの仲里依紗って脇役ながらそれなりの存在感をみせていた。

それが今回ゼブラクィーンを演じた事で

今まで観た事のない彼女の魅力を如何なく発揮されたのではないかと思う。

最近の悪役キャラでは深田恭子のドロンジョが印象的だったけれど、

仲里依紗のゼブラクィーンも実に魅了されるものがあった。

総評としてこの作品は何を楽しむのかと言われたら

仲里依紗のゼブラクィーンのコスプレとPVに尽きるだろう。

これだけ観れただけでも十分すぎるほどおつりが来るし、

哀川翔さんもこういう将来性ある人を起用したかったのだ

という気持ちが伝わってくる。

本来の彼女はここまでセクシーなイメージはないだけに

そのギャップがとてもよかった作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ゼブラミニスカポリスの逆襲 [DVD]ゼブラミニスカポリスの逆襲 [DVD]
出演:稲生美紀
販売元:Happinet(SB)(D)
発売日:2010-04-09
おすすめ度:1.0
クチコミを見る


NAMIDA~ココロアバイテ~(初回生産限定盤)(DVD付)NAMIDA~ココロアバイテ~(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:ゼブラクイーン
販売元:SMR
発売日:2010-04-21
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


映画 ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-オリジナル・サウンドトラック映画 ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:SMR
発売日:2010-04-28
クチコミを見る


仲 里依紗 × ゼブラクイーン 写真集仲 里依紗 × ゼブラクイーン 写真集
販売元:宝島社
発売日:2010-04-16
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
著者:宮藤 官九郎
販売元:小学館
発売日:2010-04-28
クチコミを見る