22日セパ交流戦東北楽天対巨人戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

3対5で巨人が長野選手の2本のホームランで勝利し

交流戦4勝4敗として5割で踏み止まった。

試合は東北楽天先発岩隈投手、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、

初回に東北楽天が3番鉄平のタイムリー3ベースで1点を先制するが、

その裏巨人は6番長野選手のホームランで同点に追いつく。

しかし東北楽天は5回に3番鉄平選手のタイムリー、

6回に5番山崎選手のホームランで勝ち越しに成功した。

しかし巨人は7回に5番阿部捕手の2ランで同点に追いつくと、

9回に6番長野選手の2ランで勝ち越した

巨人は最後は抑えのクルーンが抑えて前日の悪夢から抜け出した。

これで巨人は交流戦の連敗を3で止めて交流戦5割に戻した。
長野選手の活躍で連敗を止めた巨人だけれど、

このビジター4試合は普段やり慣れてない球場での

試合を強いられた訳だけれど、

交流戦も6年目を迎えようやくビジターゲームの

意味合いを成してきたという事なのかもしれない。

クリネックスタジアムはフィールドタフだけれど、

他の球場より跳ねるようだ。

通常天然芝なら跳ねづらいが、

それだけ下が固いのだろう。

球場の特性にやられた前日の逆転負けだったが、

あまり抑えをすんなり代えるような事は避けてほしいものだ。

代えるようなら最初から抑えを任すべきじゃないと

私は考えているので抑えは最後まで登板させておくべきだ。

これで再びホームに戻る訳だけれど

一回りするまでに何とか勝ち越しておきたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。