1日ドラマ「ホタルノヒカリ2」第9話を視聴した。

今回は部長と距離を置く事になったホタルは

部長が出ていった事にしょんぼりしていた。

そんなある日美香が小夏の店で試食会を開くと言い出し、

山田姉さんが後輩の仕事を見守るのも

仕事とアドバイスされたホタルは美香の仕事を見守るのだった。

そしてその話の流れで美香たちと川釣りに誘う。

一方部長はホタルと距離を置いた事で

ホタルとの結婚について考えていた。

そんなある日ホタルが孤独死の記事を見た事で

自分には無理と部長を小夏に託す事を考え、

手紙を小夏に渡すが、

小夏はその手紙を読んで部長に

私もこんなお願いは受け入れられないと部長に直接言ったのだった。

そしてホタルは瀬乃から嫌いになれないと言われ、

動揺するが、帰りを待っていた部長に夢にまで見た

キスをされて婚約指輪も見つかったシーンがメインだった。
ストーリー

「少し距離をおきたい」と高野部長が縁側のある家を出て行ってしまい、

しょんぼりしているホタル。

そんなある日、美香が小夏の店の試食会を開くと言い出す。

山田姐さんに「後輩の仕事を見守るのも仕事」

とアドバイスされたホタルは、黙って見守ることにしたが、

いっぱいいっぱいの美香を気分転換させてあげようと

会社の仲間との川釣りに誘う。

メンバーのなかには瀬乃の姿もあった。

釣りの最中、瀬乃と二人きりになったホタルは、

瀬乃から「部長のいない隙にキスしたらどうする?」と急接近され―――!?

以上日テレホタルノヒカリ2HPより


今回は部長がホタルと距離を置く事で

ホタルとの結婚を見つめ直そうとするシーンから始まった。

ホタルにとっては部長のまさかの行動にショックは少なくなかった。

そんな中ホタルは後輩の美香の仕事を見守る事にした。

これはホタルもこのセッションではベテランの部類に入るからであり、

そのセッションである程度人を任せようと

山田姉さんによるアドバイスでもあった。

まあ仕事を任せられる状況なら良いけれど、

私の場合は相変わらず後継者もなく、任せられる人すら・・・いない。

美香のように任せられる後輩がいるのはホタルにとっては幸せだ。

それはさておき、部長は二ツ木と相談しながら瀬乃の引き留めに走ったが、

瀬乃は辞める意志は固く、ホタルも嫌いになれないというのだった。

なら一度ホタルの事を向き合えばいいと言ってしまった。

そんなホタルは川釣りへいく前の新聞を読んで

孤独死について書かれた記事を目にしてホタルはある行動をとった。

それが小夏に部長を託すというものだった。

突然受け取った小夏はさすがに受け入れる事ができず、

部長にその手紙を渡すのだった。

まあ自分には無理というのは解らないではない。

人は部長のように優秀な人ばかりじゃないし、欠陥の多い人もいる。

私自身もずば抜けている訳じゃないし、

あれこれ押し付けられるといい仕事はできない。

まあ自分の能力を確り把握していれば

それなりにできる範囲とできない範囲が解る訳だけれど、

それを相手に確り置きはめる事ができるのか?

という事にもなる訳だけれど、

これって自分の能力をそのまま相手に当てはめる人は失敗しやすい。

自分は自分!相手は相手!

という感じで考えなければならないところだが、

ホタルには部長の老後の事を考えると・・・

という感じは解らなくないところだが・・・

それでもホタルは美香たちとの川釣りの帰りに

瀬乃から嫌いになれないと言われ、

瀬乃に言われた直後帰りを待っていた

部長から突然夢にまで見たチュー!!!

ホタルは夢にまで見たチュー!!!

までたどり着いたのだった。

次回はいよいよ結婚への最終章となる訳だけれど、

果たしてホタルは結婚へ向けて瀬乃との

関係を乗り越える事ができるのか?

その試練に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ホタルノヒカリ2 DVD-BOXホタルノヒカリ2 DVD-BOX
出演:綾瀬はるか
バップ(2010-11-26)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ホタルノヒカリ2 オリジナル・サウンドトラックホタルノヒカリ2 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
バップ(2010-08-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


キミがいるキミがいる
アーティスト:いきものがかり
ERJ(2010-08-04)
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ホタル ノ ヒカリ(15) <完> (講談社コミックスキス)ホタル ノ ヒカリ(15) <完> (講談社コミックスキス)
著者:ひうら さとる
講談社(2009-10-13)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る