5
18日パシフィックリーグクライマックスシリーズ10

ファイナルステージ第5戦福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦が行われ、

2対5で千葉ロッテが終盤の集中打で福岡に競り勝ち

3勝3敗で勝負は最終第6戦まで縺れた。

試合は福岡先発大隣投手、千葉先発大嶺投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が4番小久保選手のタイムリー2ベースで1点を先制すると

先発大隣投手が5回を無失点に抑えて

2番手ファルケンボーグに継いだがこれが裏目となり、

7回に千葉が4番サブロー選手のタイムリー2ベースで同点に追いつくと、

代打福浦選手、9番里崎捕手のタイムリーで逆転に成功した。

しかし福岡も8回に3番オーティズのタイムリーで1点差としたが、

9回に千葉が2番清田選手の2ランで福岡を引き離した。

最後は抑えの小林宏投手が抑え千葉が逆転勝利で

3勝3敗のタイに持ち込み逆王手をした。

これでパシフィックリーグファイナルステージは最終第6戦で決着する。
崖っぷちを戦ってきた千葉の底力は強かった。

明日なき戦いを強いられた千葉にとって

とにかく諦めないという気持ちが福岡を大きく上回った事が

この試合千葉に勝利を呼び込んだ。

それより勝てば終わる福岡にとって

どうして先発大隣投手を5回で代えたのだろうか?

千葉のように後がないチームは打たれたら

即交代という采配は解るけれど、

少なくても勝てば終わる福岡にとってあと1イニング

引っ張れば強力中継ぎ陣が控えていただけに

この交代はある意味試合の流れを変えてしまった。

それを逃さなかった千葉の攻撃を褒めるべきだろうけれど、

これで勝負は完全にわからなくなった。

勢いの千葉か?

短期決戦で初の突破を狙う福岡か?

1戦目で投げ合った成瀬、杉内投手の投げ合いに全てが掛る事になった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

(仮)千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010  〜144の結実・新たなる伝説へ〜(仮)千葉ロッテマリーンズ オフィシャルDVD 2010  〜144の結実・新たなる伝説へ〜
出演:千葉ロッテマリーンズ
ポニーキャニオン(2010-11-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK (宝島MOOK)千葉ロッテマリーンズ 優勝記念DVD BOOK (宝島MOOK)
宝島社(2005-11-19)
おすすめ度:1.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る