5
27日3年B組金八先生ファイナル〜「最後の贈る言葉」

を視聴した。

このドラマは1979年にスタートした

3年B組金八先生の主人公坂本金八が問題児と向き合って

生徒たちと問題を解決して卒業していくストーリーである。

今回は定年退職を迎える坂本金八が卒業生に

助けられながら最後の授業と教え子を送り出していく。

最後の授業で金八先生は生徒たちに

最後の贈る言葉を言い残すのだった。

32年間同じ主役で続くドラマは

日本ドラマ史上でもなかなかないけれど、

32年の月日は色々な生徒とドラマがあった訳で、

それが32年間の月日を経ても変わらない事が

ある事を卒業生たちが教えてくれた最終回だった。

32年の月日の中で15年間が空いている時間もあるけれど、

32年間問いかけた事が今回の集大成だし、

そしてこれから私たちに伝えていく最後の贈る言葉となった。

そんな最後の授業を振り返りたい。

キャスト

坂本金八演じる武田鉄矢

景浦裕也演じる岡本圭人

柴崎茜演じる趣里

坂本乙女演じる星野真里

他多数の教師、卒業生が出演した。

ストーリー

自らの定年退職をこの春に控えた桜中学の教師・坂本金八。

彼は今年も3年B組の担任だ。

高校受験を控えてナーバスになる生徒がいる一方で問題児もいる。

景浦裕也だ。

景浦は都内の中学校をたらい回しにされ、

金八の強い希望で桜中学に転入してきた札付きの不良。

景浦は転入後も授業妨害やカツ上げなどを繰り返し、

注意した先生に対しての暴力も厭わない。

教師の中にも彼が授業に出ない方が

妨害されなくて済むとさじを投げる者が出る始末だ。

金八は3Bの一員である景浦を3Bと共に卒業させようと

あれこれ手を焼くが、当の本人は全く意に介さない。

そんなある日、3年B組の黒板に特定の教師を

揶揄する落書きがされていた。

そして景浦が犯人だと決め付けられてしまう。

無実の罪を着せられた景浦は反発、

大暴れした末に教室を飛び出していく。

生徒たちに世話を焼く一方で、

坂本家では金八の娘・乙女の結婚式が近づいていた。

いち早く家を出て群馬の中学校で教鞭をとる

息子・幸作に続いて乙女まで家を出て行く。

愛娘の結婚自体は嬉しいものの、

金八は一人ぼっちになるという寂しさを感じていた。

そして金八にはもうひとつ気がかりなことがあった。

定年を目前に、体調不良が続いているのだ。

生徒の前では気丈に振舞うものの…。

以上TBS3年B組金八先生ファイナル〜

「最後の贈る言葉」4時間SPHPより

今回は私自身はあまりシリーズを観ていた訳じゃないけれど、

スペシャルドラマで多少観ていたという感じで、

シリーズのメンバーは知ってはいるけれど

実は詳しく観ていたりしないんですよね。

でも長年続いたシリーズなので

久しぶりに問題定義にぶつかったという感じがしている。

今回最後の生徒となり問題児を演じた

岡本圭人さんは25年前にスペシャルで

出演した岡本健一さんの息子であり、

親子での金八先生の出演となった。

これも長年の月日を経ているからこそできる事であり、

親子で出演するというのも金八先生を演じた

武田鉄矢さんも先生役として感無量な気持ちがあると思う。

そして最後の授業では問題児の景浦裕也が

3年B組に受け入れるまでを描かれている訳だが、

その前に娘の乙女が結婚して家を出ていく事で1人になる。

これもラストでさみしいシーンではあるものの、

これもラストとしては1つの区切りとして観る事ができる。

そして最後の授業となる景浦裕也の更生の道のりは

定年間近の金八先生には過酷なものだった。

32年前のように若くて体も元気な時と違い、

今は教師が暴力を振るうだけで問題視される訳で、

これも時代が変わった事で対応が変わっていく姿でもある。

でも一貫して変わらないのはどんな問題児でも

見捨てたりしないという信念だ。

そこには色々な批判を受けてきた。

今回も同様に景浦裕也を受け入れる事に対して

保護者から反対意見が続発した。

私も同じ状況なら受け入れるという事は

それだけの大きなリスクと批判を受ける訳で、

そのリスクを冒してでも受け入れる意味が

確り持てるかどうかに掛かってくる。

正直このシーンは私に試されている

シーンでもあったんだけれど、

それを手助けしたのは金八先生の教え子で

ある卒業生たちだった。

特に保護者の説得では卒業生である

雪乃が自らの経験を話して金八先生のおかげで

今があると金八先生の理解があったからという事を話し、

保護者も金八先生の事を考え直す。

過去に金八先生は15才の母、

性同一性障害、覚せい剤、

暴力事件などさまざまな問題に立ち向かっていった。

その中で1人も脱落者を出さすに

卒業させたのも金八先生が生徒たちと

真正面に向かって向き合ったからこそであり、

1度も逃げたりしなかった。

そこから景浦裕也の更生を始めていく訳だけれど、

この過程で1番響いたのは最後の生徒たちに

問いかける悪とは?という事だった。

景浦裕也は悪ですか?

という問いにさまざまな意見が飛び交う。

これまでの行動からしてその行動が

悪という意識がそれぞれにあり、

それが景浦裕也を遠ざける一因にもなった。

確かにこの件については私も理解するし、

私もそういう気持ちとそういう信念がある。

まず彼がこれまで行ってきた行動についてどう考え、

それを悪とみなすかどうかだ。

まずかつあげ・・・

やはり脅して金を奪う事は許される事じゃない。

そして暴力・・・

気に入らないからと言って殴る事は

やはり正当な理由じゃないと悪とみなされる。

物に当たる・・・

すみませんこれは私も経験があるので

自身にも非があるのでこれを悪とはみなせないです。

物に当たるのはよくないけれど、

人に危害を与えず、

破損をさせない程度なら私は悪とはしません。

まあ最も場合によって自ら怪我する事で

後悔する事はありますけれどね。

色々あるんだけれど、

自らの行いによって悪とするか否かという事を

最後には説いている。

やはりこれまでの経験を踏まえていかなければならないし、

私もかつあげ以外は学生時代には喧嘩で殴り合ったり、

物に当たったりしているから

これで景浦裕也を批判する事は私は強くは言えない。

ただかつあげについては物事脅して取る事は

絶対にいけない事と強く言える。

32年間の中で色々な問題があるけれど、

その中では15才の母については

14才の母で書いた通りなので

これは愛し合っているなら認めるべきだという結論になるし、

暴力事件については色々な諍いなどあり、

これについてもそれぞれに原因がある事を踏まえても

最終的にはそこから学ぶ痛みがある。

性同一性障害についてはこれはその人に対する

理解度によるところがあり、

それについて個人の問題でそれを

理解する事で解決できるだろう。

ただ1番認められないのは覚せい剤による薬物だ。

これについては通常簡単に手に入るような情報もそうだが、

これを認める事は大きな悲劇を招き、

手を出す事そのものが問題外だという認識をしている。

これについてはどんな理由があろうとも

その人物を見放すというのが私の方針だ。

これらについてはそれぞれ認識の違いがあるとして、

そういう基準から悪はそれぞれが

作り出しているというのが金八先生の教えになる。

確かにそういう解き方をされてしまうと

景浦裕也の悪は何だろう?

と思ってしまうんだけれど、

それは金八先生の正義であり、

金八先生の正義では景浦裕也は

悪に当たらないという事を説いている。

その正義が間違っているか?

と問われたら私は間違っていないと思う。

でもそれって矛盾するのでは?

と問われるかもしれない。

でもそれが金八先生の正義というならそれは矛盾しないし、

現実に金八先生はそういう生徒を

最後まで卒業させている現実があるからだ。

正直私に問われた正義なのかもしれないけれど、

私も今自分が導いてきた信念に対する正義が問われている。

その正義が私は間違っているとは思わないんだけれど、

絶対的に正しいともいう事でもない。

その逆の正義が存在するからだ。

私も全ての人を切り捨てるような事はもちろんしないが、

時として泣いて馬謖を切る決断をする事があり、

そういう事が導いた正義を問われている。

泣いて馬謖を切るというのは

どんなに無能だろうと有能だろうと

平等の判断をする諸葛亮孔明の教えにあるんだけれど、

善と見なそうが悪と見なそうが

そういう決断をする時には泣いて馬謖を切る

平等が絶対必要なのだと私は思っている。

私が最後に金八先生が問いかけた

景浦裕也は悪ですか?

というのは全てにおいて平等に判断しての結論であってほしいし、

平等に判断して受け入れてほしいというものだと感じている。

そう金八先生はどんな生徒にも平等に接してきたからこそ

問題児でも優等生でも平等だった。

景浦裕也は悪ですか?

という問いには君たちは不平等に扱っているから

そのような結論になるんだ。

平等に接すればそういう事にはならないと・・・

それが金八先生の正義なのだと最終的には私は感じている。

世の中は不平等の中にあるけれど、

そんな世の中だからこそ平等の気持ちを忘れないでほしい

という事だ。

長くなったけれど、

ラスト1時間はこれまで出演した

卒業生たちが集まれる限り集まった。

中には一線で活躍し続ける人もいるけれど、

中には芸能界を引退して別の道へ進んだ人たちもいる。

やはり30年以上経つと歴史を感じるけれど、

ここで学んだ人たちはどんな時でも

絆で繋がっている事を感じさせてくれた

最後の授業であり金八先生の卒業式だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

3年B組金八先生 DVDコンプリートBOX(全85枚組) <完全予約限定生産>3年B組金八先生 DVDコンプリートBOX(全85枚組) <完全予約限定生産>
出演:武田鉄矢
ビクターエンタテインメント(2011-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生第8シリーズ DVD-BOXII3年B組金八先生第8シリーズ DVD-BOXII
出演:武田鉄矢
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)(2008-06-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第8シリーズ DVD-BOX I3年B組金八先生 第8シリーズ DVD-BOX I
出演:武田鉄矢
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)(2008-03-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第7シリーズ DVD-BOX 23年B組金八先生 第7シリーズ DVD-BOX 2
出演:武田鉄矢
TBS(2005-05-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 DVD−BOX 第5シリーズ [DVD]3年B組金八先生 DVD−BOX 第5シリーズ [DVD]
出演:武田鉄矢
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)(2011-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第6シリーズ DVD-BOX3年B組金八先生 第6シリーズ DVD-BOX
出演:森田順平
ビクターエンタテインメント(2011-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組 金八先生 第7シリーズ1 [DVD]3年B組 金八先生 第7シリーズ1 [DVD]
出演:武田鉄矢
TBS(2011-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第4シリーズ DVD-BOX23年B組金八先生 第4シリーズ DVD-BOX2
出演:金田明夫
ビクターエンタテインメント(2008-03-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第4シリーズDVD-BOX13年B組金八先生 第4シリーズDVD-BOX1
出演:武田鉄矢
TBS(2008-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX23年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX2
出演:武田鉄矢
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)(2007-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 DVD−BOX 第1シリーズ [DVD]3年B組金八先生 DVD−BOX 第1シリーズ [DVD]
出演:武田鉄矢
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)(2011-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 DVD−BOX 第2シリーズ [DVD]3年B組金八先生 DVD−BOX 第2シリーズ [DVD]
出演:武田鉄矢
Victor Entertainment,Inc.(V)(D)(2011-03-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


3年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX13年B組金八先生 第3シリーズ 昭和63年版 DVD-BOX1
出演:武田鉄矢
Viictor Entertainment,Inc.(V)(D)(2007-10-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る