5
8月20日公開の映画「うさぎドロップ」を鑑賞した。

この映画は宇仁田ゆみ原作の「うさぎドロップ」を映画化した作品で

祖父の葬式で隠し子がいる事が発覚し、その処遇を巡って親族会議が行われ、

自ら引き取る事になった青年と女の子が家族として暮らしていく姿を描いたストーリーである。

祖父の隠し子というのも凄い事だが、

その子供を青年が育てる事になった事で1人の子供を育てる難しさを知っていく事になるが、

その中で家族の愛情も生まれていく。
突然祖父に隠し子がいたというのもある意味驚きな話なんだけれど、

そうなった時誰が育てるのか?というのもまた1つの問題ではある。

それを勢いで引き受ける事になった青年が1人の子供を育てるのに

苦労しながら家族となっていく姿が描かれていく事だが、

確かに男手1つで育てるのは本当に大変で仕事も残量のない部署に異動し、

殆どの生活が子供との生活中心となる訳だけれど、

それでもその中で様々な出会いがあり、

成長していく姿と家族になっていく姿には本当に家族は本当の父親、

母親じゃなくてもなれるのだという事を感じさせる。

そんな2人が家族となるまでのストーリーをレビューしたい。

キャスト

河地ダイキチ演じる松山ケンイチ

二谷ゆかり演じる香里奈

鹿賀りん演じる芦田愛菜

河地カズミ演じる桐谷美玲

吉井正子演じるキタキマユ

二谷コウキ演じる佐藤瑠生亮

キョウイチ演じる綾野剛

鈴木雄一演じる木村了

杉山由美子演じる高畑淳子

後藤由起演じる池脇千鶴

河地良恵演じる風吹ジュン

河地実演じる中村梅雀

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖父の葬儀で、祖父の隠し子りんと出会う。

わずか6歳の少女が親戚中から邪魔なお荷物扱いされるのに怒りを覚え、

両親や妹の反対を押し切ってりんをひとり暮らしの借家へ連れ帰る。

保育園探しに始まり、残業のない部署への異動や、

おねしょ対策まで常に全力投球のダイキチに、りんも心を開いてゆく。

ある日、りんと仲良しのコウキの母親が憧れの女性だったこと知りダイキチは驚く。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして祖父の葬式に出席した

ダイキチが祖父の隠し子であるりんと出会う。

りんは6歳で祖父の隠し子がいた事に驚く親族一同・・・

まあ当然と言えば当然で、その母親の行方も知れない中で

りんをどうしたら良いのか親族会議が行われ、

やはり隠し子の存在が親族間で敬遠され、

里子、施設に預けるなど色々巡る中でダイキチは

勢いでりんを引き取ると言ってしまった。

まあ後に後悔したのは言うまでもないけれど、

確かに里子、施設に預けるというたらい回しな事を

言っていたらそのような気持ちになってしまうのも解るけれど、

問題はそれを男手1人で育てるという難しさだった。

当然いきなり6歳の子供を育てる事になった訳だから

まずりんを保育園に通わせる必要があった。

そこでダイキチは妹で保育士であるカズミから緊急一時保育を紹介され、

そこで24時間体制の保育園に預けるが、

さすがに遠い事もありダイキチは相当疲れ果てるが、

それもあと3日となり、そこでダイキチは大きな決断をする。

それは現在の課から残業のない課へ異動を申し出る。

これは大きな決断だし、収入面も大幅減になる。

それでもダイキチはりんの事を優先する事を選んだ。

そして残業のない課へ異動したダイキチは

新しい保育園でりんとの生活をスタートさせる。

そしてそこでりんはコウキという友達ができた。

そしてダイキチもそのコウキの母親であるゆかりと知り合い仲良くなる。

ゆかりはファッションモデルで憧れの女性であったから驚いた。

その間にダイキチはりんを施設へ預けるように

という親戚の助言やアドバイザーの厳しい言葉も受けたものの、りんを手放す事はなかった。

そんな生活が続いたある日りんの母子手帳に母親のHPアドレスが掲載されており、

そこへメールを送りダイキチはりんの母親正子と対面する事になった。

その前に実家にりんを預けてりんの母親正子と対面するが、

正子にはりんを育てる意思はなく、

今の漫画の仕事を続けるためにりんを忘れるという事をダイキチに告げる。

まあ確かに夢のために子供を育てる事を諦めたのだろうけれど、

漫画家でも子供を育てながら活動している人もいる訳で、

正子が幼い考えというのもあるのだろうけれど、

祖父がりんを引き取ると言った事も大きかったようだ。

それでさらにりんの事を家族として育てようと決意する。

そして実家に預けたりんを迎えに戻ったダイキチは

すっかり溶け込んだりんの姿がそこにあった。

そしてそこで父から母の事について聞かされ驚くのだった。

確かに昔は子供を育てながら仕事を続ける事は難しかった時代だからね。

そしてある日りんは友達のコウキと共に行方がわからなくなり

ダイキチの同僚やゆかりが懸命に探す果たしてりんとコウキは何処へ行ったのか?

そしてダイキチとりんは家族になれるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

本当の家族となるまでダイキチは自分なりに考え、

自分なりにりんに愛情を注いでいった。

その中でりんはあくまでダイキチの事を父親とは思わず、養子縁組も否定する。

普通なら養子縁組をした方が良いとは思うのだが、

りんには別の気持ちがあったのだろう。

原作ではそうらしい。

それでも6歳となのでおねしょをしたりもするだけに色々手の掛かる年齢ではある。

そして女の子という事で男手1つで育てる難しさも確り描かれており、

育児は1人だと大変な事なのだという事が確り描かれていた。

総評として、例え本当の親子じゃなくても家族になれる事を確り描いていた。

なかなか本当の親じゃないと家族の関係は難しいものだけれど、

それでもダイキチはりんを本当の家族になろうと奮闘し続けている。

そんな奮闘する姿には家族の温かさを感じたし、

りん(芦田愛菜)の笑顔には癒された映画でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

SWEET DROPS(初回生産限定盤)(DVD付)SWEET DROPS(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:PUFFY
販売元:KRE
(2011-08-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2006-05-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うさぎドロップ  (2) (Feelコミックス)うさぎドロップ (2) (Feelコミックス)
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2007-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うさぎドロップ (3) (Feelコミックス)うさぎドロップ (3) (Feelコミックス)
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2007-10-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うさぎドロップ (4) (Feelコミックス)うさぎドロップ (4) (Feelコミックス)
著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
(2008-05-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


うさぎドロップ 9.5  映画・アニメ・原作 公式ガイドブック(Feelコミックス)うさぎドロップ 9.5  映画・アニメ・原作 公式ガイドブック(Feelコミックス)
著者:宇仁田ゆみ
販売元:祥伝社
(2011-07-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る