3
21日ドラマ「華和家の四姉妹」第7話を視聴した。

今回は竹美が正三郎から交際を申し込まれたが、竹美はあっさり断る。

それでもあきらめられない正三郎は給料が出た時も竹美にアタックするが再度断られる。

一方桜子は正三郎を取られまいと竹美に詰め寄るが、

竹美は元々正三郎を眼中にないだけに桜子に自分の力で取り戻せと桜子に強く言う。

そして藤子もまた婚約して結婚の準備に取り掛かっているが元不倫相手の事が忘れられない。

そんな中行方不明だった大悟が大悟の家に転がり込んでいる事を知り、

竹美は大悟に家に戻って線香を上げるように告げる。

そんな中正三郎が再三竹美に断られた事でやけ酒を飲むが、

これが発端でリンチを受けて、それを見た桜子が決死の覚悟で正三郎を助け、

竹美には克彦が婚約者から二度と子供たちに

会わないようにと言われた事を告げるシーンがメインだった。
ストーリー

嵐の夜、母・幸子 を思い出し泣いている 竹美 の前に 正三郎が現れ、

竹美を抱きしめた。

「 竹美さんのことを守りたい 」 と告白するが、

そこに 桜子 がやってくる。

すると、竹美は何事もなかったかのように、その場を取り繕うが、桜子は不安を感じていた。

ある日、竹美の派遣先に、元夫・山根が結婚の報告にやって来た。

子供達に報告したいと言う山根だが、竹美は自分から話すと決める。

ところが、山根との再婚を望む子供達に、どうやって話を切り出すか悩んでいた。

その頃、藤子は外科医・小野寺から高価な婚約指輪を贈られ、

着々と結婚へ向かって進んでいた。

しかし、その一方で 秋元の存在を消し去ることができず、

酒に酔った振りをして秋元に甘えてみたりするのだが…。

一方、末っ子の うめは、「 卑怯者 」 と罵られた 吉安に合わせる顔がないと、登校拒否。

しかし竹美に軽くあしらわれ学校へ。

吉安から 「 彼女の浮気に気付いていた 」 と告白されたうめは、

言いようのない胸の痛みを感じるのだった。

カメラアシスタントとして再出発した正三郎は、

初めての給料を手に竹美を訪ねる。

「 根性を入れ直した記念の金 」 を竹美のために使いたいと言うのだが、

竹美は 「 ありがた迷惑 」 と相手にしない。

そんな中、家を出たきりだった 大悟が、こっそり東京に戻ってきていた。

娘達に合わせる顔がない大悟は、山根の家に転がり込み、世話になることに…。

以上TBS華和家の四姉妹HPより


今回は竹美に正三郎が3度もアタックしてくるシーンの連続だった。

正三郎も相当竹美の事しか目に見えなくなっているのだろうけれど、

竹美にとっては桜子の彼氏という以外は特別な感情を持っていなかった。

そんな竹美にはひったくり犯を捕まえた事により大悟の居場所を突き止めた。

大悟も東京に戻ってきたが、家には戻れず仕方なく竹美の元妻克彦にお願いしたのだった。

確かに気持ちは解りますけれどね。

そんな中で藤子は婚約話が進んだものの如何せん元上司との不倫が忘れられない事と、

大悟が出ていった事もありなかなか決断に踏み切れない。

そんな中うめもまた先輩へ余計な事を言ったために顔向けできない自分がいた。

一方桜子はまたも竹美に正三郎が奪われるのではないかと

竹美に詰め寄るが竹美は正三郎に気がないだけに

これまでの桜子を奮起させるためにわざと奪ってみろという事を告げた。

そして竹美は正三郎には再度アタックを断り、

それでやけになった正三郎は酒を飲んだが、

これが災いして店の常連客からリンチを受けて、

それを見た桜子は必死の覚悟で正三郎を守った。

まあ桜子もここでよく何もされなかっただけ良かったと思うが、

本来なら先警察ですけれどね。

そして正三郎は献身的に看病してくれる

桜子の気持ちに改めて気づき桜子の事を真剣に考えるようになった。

竹美は別の意味で桜子と正三郎を結びつけた。

そして竹美には克彦から婚約者からもう竹美の子供たちとは

会わないでほしいと言われたのだった。

次回は子供たちは克彦と会えない事になった事で

竹美はどのような決断をするのか?

その展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

星の果て星の果て
アーティスト:観月ありさ
販売元:avex tune
(2011-08-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


星の果て (DVD付)星の果て (DVD付)
アーティスト:観月ありさ
販売元:avex tune
(2011-08-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


華和家の四姉妹(4) (モーニングKC)華和家の四姉妹(4) (モーニングKC)
著者:柴門 ふみ
販売元:講談社
(2007-11-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る