3
15日日本シリーズ第3戦中日ドラゴンズ対福岡ソフトバンク戦がナゴヤドームで行われ、

2対4で福岡ソフトバンクが5番松田選手のタイムリー、

7番多村選手の2ランで勝利し対戦成績を2勝1敗となり王手を阻止した。

試合は中日先発ネルソン、福岡先発摂津投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が5番松田選手のタイムリーで先制すると、

3回に7番多村選手の2ランで3点リードを奪う。

中日も6回に2番井端選手の内野ゴロで1点を返したが、

8回に福岡が8番細川捕手のホームランでリードを広げたが、

その裏中日は1番荒木選手の犠牲フライで1点を返したが

最後は抑えに回ったファルケンボーグに抑えられ、中日は王手を掛ける事に失敗した。

これで中日は王手を掛ける事ができず福岡は王手を阻止して巻き返しを図る。
このシリーズでは2点以上リードを許してしまうと殆ど追いつく事が

困難なシリーズになりそうなだけに3回までに3点をリードを

中日が許してしまった時点でこの試合の勝敗はほぼ決していた。

無理もない福岡が多村選手、細川捕手の猛打賞を含む12安打を打った福岡に対して

中日はわずか4安打と12安打で4点と4安打で2点という点では

中日が4安打で2点取っているという点ではわずかなチャンスを活かせているとも言える。

福岡もようやく打線が本来の力を発揮し始めただけにこの調子で第4戦を取りたいところだろう。

第4戦は福岡はホールトンが控えているけれど、中日はここで川井なのか?

それとも・・・中日にとってはローテーションの谷間になるだけに

中日は総動員で4戦目を取に来るだろう。

果たしてこのまま中日が王手を掛けるのか?

それとも福岡が王手に待ったを掛けて五分に戻すのか?

その攻防に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。