3
16日日本シリーズ第4戦中日ドラゴンズ対福岡ソフトバンク戦がナゴヤドームで行われ、

1対2で福岡ソフトバンクが初回の2点を守り切り対戦成績を2勝2敗と五分に戻した。

試合は中日先発川井投手、福岡先発ホールトンの投げ合いで始まり、

初回に福岡が4番小久保選手のタイムリーで先制し中日のミスもあり2点リードする。

中日も5回に1番荒木選手のタイムリーで1点差とし

、6回には無死満塁のチャンスに代打小池、7番平田選手、8番谷繁捕手がチャンスで打てず

最大のチャンスを逸すると福岡は8回からファルケンボーグが

2回を抑えて福岡が2勝2敗のタイに持ち込んだ。

これで中日ドラゴンズは王手を掛ける事ができず勝負は第6戦までもつれる事になった。
初回の2点が重く圧し掛かった試合だった。

今の中日にとっては2点はあまりにも重い得点差だったという事だけれど、

やはり6回無死満塁で最低でも同点に追いつけば中日ペースで進んだと思うと、

6回の攻防が全てだった。

ただ面白い事にお互いホームで絶対的な強さを誇るのに対してホームでそれぞれ負けた。

5戦目は中日はチェンか?福岡は和田投手か?運命を分ける第5戦の攻防から目が離せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。