3
27日大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」三姉妹の絆最終話を視聴した。

今回は家康の死去で秀忠はこれまで以上に徳川幕府の基礎を固めるために

数々の国替えやお取り潰しなどで徳川の力を示し、朝廷との繋がりも強める。

そんな中で江は秀忠に隠し子がいる事を知り動揺するが、

初らの言葉から江は隠し子である保科正之と面会する。

それに驚いた秀忠だったが、江はこれから離れ離れに暮らさないために大奥を創設し、

その取り仕切りを福に任せる。

そして元服した家光に家督を譲り、

江は秀忠とこれまでの事を振り返りながら静かに激動の人生の生涯を終えたシーンがメインだった。
ストーリー

秀忠は、世継ぎを竹千代と定めた。

千の嫁ぎ先も決まり、家中は落ち着きを取り戻そうとしていた。

しかしそのころから、秀忠の諸大名に対する厳しい仕置きが目立つようになる。

そんな折、秀忠に隠し子がいることが発覚。

怒りを禁じえない江だったが、隠し子幸松がわが子と無邪気に遊ぶ姿を見て、

ある思いが生まれる。

以上NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」HPより


今回は家康が死去した事で全ては秀忠が徳川の基礎を固めるために

まず世継ぎを竹千代のちの家光に定め、

そして国替え、お取り潰し、法度の交付など様々な改革を行う。

その中には身内にも厳しい処分を下し、本多正純らの追放もあった。

そんな厳しい姿勢を示したのも全て徳川の世を安泰にするためだった。

そして3代将軍家光がやり易いようにするためでもあった。

そしてそこで初めて知る事実があった。

それは秀忠に隠し子がいた事だ。

秀忠には側室を作らなかった事もあり、江はその事を知りショックを受ける。

そんな中で江はその隠し子に会うといって呼び寄せ、

保科正之を家光と忠長らと一緒に暮らせるように大奥を創設する事になった。

これが篤姫まで続く大奥の始まりになる訳だけれど、

江はこれまでの事を振り返りながら将軍の母となり、

名実ともに徳川の礎になる子たちを産んでそして生涯を終えたのだった。

本当に最終回ではこれまでの事を振り返りながら

誰も離れて暮らす事のない世の中を願った江らしい最後だったと思う。

これまで3度の結婚で離縁、死別を経験した事で千にも

その事を話して納得させたりもできたのも全て経験からでもある。

そして己のまま生きた江らしい生涯といえばそれまでになりますけれどね。

総評として今回は徳川の礎を築いた1人江を取り上げられたけれど、

正直なところ表舞台の人ではないだけに少し描くのに無理があったのは否めない。

やはり描く時にはその人の身分に合わせた

描き方をしてほしいと今回の大河では痛感した1年だった。

来年からは平清盛が始まるけれど、

武家として初めて実権を握った清盛はどちらかというと悪役で描かれる事が多いが、

今回はその前の初期段階から描かれるだけに

これまでと違った清盛像を観る事になるだろう。

この1年大河ドラマのレビューを見て頂きまして本当にありがとうございました。

3年連続大河レビューを完走しましたけれど、

来年もまた平清盛でレビューをしますのでその時はよろしくお願い致します。

そして坂の上の雲のレビューも再び再会されます。

ラストの4回見逃せませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第壱集
出演:上野樹里
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2011-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集NHK大河ドラマ 江 姫たちの戦国 完全版 DVD-BOX 第弐集
出演:上野樹里
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(2012-02-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)江(ごう) 姫たちの戦国 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
販売元:NHK出版
(2011-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


江 姫たちの戦国(4) (KCデラックス)江 姫たちの戦国(4) (KCデラックス)
著者:暁 かおり
販売元:講談社
(2011-11-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る