3
26日ドラマ「聖なる怪物たち」第2話を視聴した。

今回は代理出産をして圭子の子を産ませる事を決意した優佳は

圭子に代理出産の説明を圭子にした。

そこで圭子が優佳が自身が子供を産めないからだという事を知らされ、

優佳が圭子の子を産みたくても産めない事でほかの手段を考える。

その頃圭子の幼稚園で児童のアレルギー事故が起きて、

三恵がその責任を追及され、幼稚園を退職する事を決意する。

一方健吾は病院の紹介で訪れた患者の診察をしてすい臓がんである可能性を示唆するが、

最新機器が無いために手術をしないと判断できない状態だった。

そんな頃圭子は三恵がの血液型を聞いて代理出産に最適な人物だと優佳に相談して、

三恵を自分の家で働かせて、敏雄に優佳が代理出産の決意を迫る。

その頃健吾は患者の手術をしてすい臓がんの摘出に成功した。

そして三恵は圭子の代理出産を承諾し、

敏雄も優佳の説得に折れて代理出産のする決意を固め、

三恵は敏雄と圭子の子を妊娠するシーンがメインだった。
ストーリー

子どもを産めない体になってしまった圭子の願いを聞き入れ、

代理出産への準備を始めた優佳。

優佳に産んで欲しいと思っていた圭子だったが、思いもよらない告白を聞くことに…。

だがその後、圭子はある恐ろしい策を思いつくこととなる。

一方、何も知らない健吾は、

有能で美しい看護師長である優佳に全幅の信頼を置き始めていた。

ある日、健吾は下腹部の痛みを訴える50代の女性を診察。

原因不明の痛みに疑問を感じるが、

肺気腫の既往のある患者のため簡単に手術には踏み切れない。
 
どうにか最善の方法を考えようとする健吾だったが…。

その間にも優佳と圭子の計画は着々と進められていた。

みずからの社会的地位が危うくなることを恐れ、

圭子の考えた計画に踏み切れない敏雄を静かに説得する優佳。

そして圭子は意外な人物を巻き込もうとしていた…!

ついに動き出した女たちの壮絶な計画。飲み込まれていく男たちの運命は!?

以上テレビ朝日聖なる怪物たちHPより


今回は優佳は圭子に代理出産をして私たちの血を受け継ぐ子を圭子に産んでほしいと言って、

圭子に代理出産の事を話し出す。

代理出産のケースでは姉妹がいる場合は妹や姉が

その出産の代理になるケースとその母親が代理する場合がある。

肉親や血縁者であれば後々財産などで揉める事が少なく、

倫理的にも問題が少ないが、残念ながら優佳は自身が若き日に

中絶した事で子宮を摘出して子供が産めない体になっていた事を圭子に初めて告げたのだった。

もし自分が産める体なら間違いなく自身が代理出産を決意していただろう。

それでも諦め切れない圭子は代理出産をしてくれる人を探していた。

その頃健吾は大久保記念病院で1週間も家に帰れないほど

過酷な勤務に大久保記念病院の過酷さを知る。

そんな中で健吾はある病院の紹介で訪れた患者を診察する。

そこで健吾はその患者がすい臓がんの疑いがあると診断し、

手術を主張するがなかなかGOサインが出ない。

そんな中健吾は患者からある曲について聞かされるのだった。

それは後で瑤子からCDを渡された事でそれが患者への説得に繋がる。

その頃圭子は三恵が幼稚園を辞めると話、

今後何とかして行きますと告げて去ろうとした時に圭子は三恵の血液型を聞いて、

圭子はそれを早速優佳に告げて相談する。

どうやら三恵と圭子の血液型が一致したようだ。

それを聞いた優佳は三恵の説得に入る。

最初三恵は半信半疑で話を聞いていたが、

次第に核心に迫った事を言われて大きな戸惑いを見せた。

いくら天涯孤独な身でもさすがに代理出産には抵抗があるのは言うまでもない。

そして優佳は敏雄を粘り強く説得し敏雄を落とす事に成功した。

その頃健吾は患者の承諾を得てすい臓がんの摘出に成功し、

瑤子ともこれがキッカケで接近したのだった。

かなりおいしいケースでしたね。

そして三恵も色々考えた末に圭子の代理出産を引き受ける事を告げて

敏雄と圭子は精子と卵子を取り出し体外受精し、受精後三恵の子宮に移したのだった。

これで三恵が代理出産までの過程が描かれていく訳だが、

出産まで紆余曲折があるのは言うまでもなく、これから更なる葛藤が渦巻く事になる。

次回は妊娠した三恵は圭子の側で働くも次第に想いが変わってくる。

果たして三恵は圭子と優佳の意思とどう違ってくるのか?

その展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

聖なる怪物たち (幻冬舎文庫)聖なる怪物たち (幻冬舎文庫)
著者:河原 れん
販売元:幻冬舎
(2011-12-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


聖なる怪物たち聖なる怪物たち
著者:河原 れん
販売元:幻冬舎
(2011-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る