4月7日公開の映画「劇場版 SPEC〜天〜」を鑑賞した。

この映画は2010年10月に放送されたドラマSPECの劇場版で

超人的な能力を持つスペックホルダーと呼ばれる者たちが暴走し

解析不可能な難事件に立ち向かう警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策の2人の刑事が

事件解決するために奔走するストーリーである。

改名不可能な能力を持った者たちば暴走した時

それを止めるために立ちはだかる2人の刑事はスペックホルダーに勝つ事ができるのだろうか?
4月1日にSPEC〜翔〜を視聴していたので大まかな事件の流れは

わかっているだけにドラマを視聴しなかったものの十分ついて行ける内容だった。

難事件も連続の多くが説明不可能な事件ばかりという設定の中で

そういう犯人をどう追い込んでいくかがこのストーリーの最大の見せ所だ。

その中でありながらギャク連発のお約束はさすが堤監督作品という感じだし、

トリックやケイゾクなどの流れを組む事件解決ものでもある。

そんなギャク満載の事件を解決できるのだろうか?

キャスト

当麻紗綾演じる戸田恵梨香

瀬文焚流演じる加瀬亮

志村美鈴演じる福田沙紀

一十一演じる神木隆之介

正汽雅演じる有村架純

伊藤 淳史演じる伊藤淳史

青池 里子演じる栗山千明

宮野 珠紀演じる三浦貴大

馬場香演じる岡田浩暉

鹿浜歩演じる松澤一之

猪俣宗次演じる載寧龍二

市柳賢蔵演じるでんでん

津田助広演じる椎名桔平

野々村光太郎演じる竜雷太

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

世の中には通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力(=SPEC)を持った人間が潜んでいる。

もし、そのうち何パーセントかの特殊能力者が、その能力を悪用しているとしたら……。

通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う部署

「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」通称“未詳(ミショウ)”。

特別捜査官の当麻紗綾と瀬文焚流の元に“ミイラ死体殺人事件”のニュースがもたらされる。

これはスペックホルダーによる犯行なのか?

事件はやがて国家をも揺るがす大事件となっていく……。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして翔でスペックホルダーたちによって

仲間の刑事が殺された事により事件はさらに続いていく。

そんな中で次々事件が発生し、クルージングをしていた人たちが

突然ミイラにされてしまう不可思議な事件が起きて当麻と瀬文は

早速捜査に向かうも何の証拠もなく捜査は最初から難解を極める。

確かに普通の事件なら海の上でどうやってミイラにされてしまうのか全く想像もできないし、

普通ならそんな現象そのものが無理だ。

しかもそこにあった料理は全く腐っていなかったから解明は困難を極める。

そんな中サイコメトラー能力を持つ美鈴が何者かに襲われる。

それを救助に向かった当麻と瀬文は

そこでかつて特殊部隊に所属した青池 里子と再会を果たす。

実は美鈴は里子たちが保護しようとしていたのだった。

その理由が事件をサイコメトラー能力で観たという事が理由だった。

しかし事件は謎めいていく中で当麻は死んだはずの一十一が突然現れ困惑する。

死んだ人間を召喚できる能力を持つ当麻にとって信じられない出来事だった。

しかし当麻は冷静に一十一と話し一十一はスペックホルダーたちで

日本を主導するから手伝ってほしいと頼まれるが当麻はそれをアッサリ断った。

最初からそうなら当麻は刑事になっていないでしょうからね。

そして瀬文と共に一十一を追ううちに更なる事件が発生する。

それは一十一らスペックホルダーたちによる犯行だった。

相手がスペックホルダーだと知り全員の命が無いものと

思えという命令が下った当麻と瀬文は事件を解決させるために

スペックホルダーたちと決死の戦いに挑んでいく。

果たして当麻は一十一の野望を止める事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

ここまで来ると事件というより超能力対超能力の対決になってしまうので

事件という枠では収まり切らないし、犯行動機とかはもう必要ないかもしれない。

行ってしまえばこのテロリストをどう阻止すべきか?

という点が重点となっており事件のトリックは必要ない。

観ている上では確かに面白いんだけれど、

最もこのドラマの趣旨が超能力事件を阻止し解決する事なので

それぞれの特殊能力を持ったとしても必ず弱点は存在するという事を

この事件では示したかったのかもしれない。

総評として、この事件については確かに阻止できたけれど、

事件はこれで終わりではないという終わり方だっただけに

この事件は続くのだろうがどんなに特殊能力を秘めても人は必ず弱点を持っているし、過信もする。

その上で当麻はその能力に対する対策を講じて事件を未然に防いだ。

特殊能力のない瀬文の人並み外れた生命力にも恐れ入るけれど

事件の落としどころは何処になるのか?

というのだけがスッキリしなかったという点では

まだまだ事件は続いていくのだろうと思うしこの先に待っている結末を観たいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

劇場版 SPEC~天~ オリジナル・サウンドトラック劇場版 SPEC~天~ オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:SMD itaku (music)
(2012-04-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「SPEC〜翔〜」 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿ディレクターズカット版 Blu-ray「SPEC〜翔〜」 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿ディレクターズカット版 Blu-ray
出演:戸田恵梨香
販売元:TCエンタテインメント
(2012-04-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


SPEC ?零? (角川文庫)SPEC ?零? (角川文庫)
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-04-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Blu-ray BOXSPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Blu-ray BOX
出演:戸田恵梨香
販売元:キングレコード
(2011-03-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


SPEC〜翔〜 (角川文庫)SPEC〜翔〜 (角川文庫)
著者:西荻 弓絵
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2012-03-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


SPEC公式解体新書SPEC公式解体新書
著者:監:TBS
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-03-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る