3
6日大河ドラマ「平清盛」第18話を視聴した。

今回は近衛天皇の容体が悪化し後継者争いが水面下で進んでいた。

そんな中清盛は冷静に対処しあくまで鳥羽院に付くとキッパリ答える。

そんな中藤原家成が亡くなり、それに乗じて崇徳院は清盛を説得するも清盛は動じる事はなかった。

そんな中で鳥羽院は今後の権力を考慮して後継者を誰にするか議論し合ったがなかなか決まらない。

そんな中である男が浮上する。それは雅仁親王だった。

鳥羽院とは対立せず、実権を握っていられるという理由だった。

そんな中清盛は一門に対して鳥羽院と崇徳院の仲を取り戻させると一同に宣言したのだった。

そして近衛天皇が崩御し、次の帝に雅仁親王が即位する事になり

後白河天皇が誕生したシーンがメインだった。
ストーリー

1154年、近衛天皇の容体がいよいよ深刻になってきた。

母・美福門院得子は、一心不乱に祈とうする日々。

父・鳥羽院は、崇徳院を遠ざけてきたことの報いではないかと、わが行いを省みる。

また、鳥羽院の側近で、平氏とも親しかった藤原家成が病床に臥(ふ)した。

見舞いにきた清盛に、家成は実子・成親や養子・師光を自分と思い相談するようにと告げ、

鳥羽院のことを託した。そして後日、家成は世を去った。

ある日、清盛は崇徳院に招かれる。

崇徳院は近衛天皇が死去した後、わが子・重仁が天皇となり、

自分が実権を持つ日も近いと考え、清盛に力を貸すよう説いた。

しかし清盛は、平氏は鳥羽院とつながりが深いので、

崇徳院にくみすることはできないと断る。

崇徳院は「朕(ちん)にこの醜き世をおもしろう生きよと言うたのは、そちではないか」と激高。

その情熱に、清盛は心動かされる。

その直後、清盛は雅仁親王を見かける。

雅仁は、一介の武士に頼る崇徳院を落ちぶれたと非難するが、

清盛は崇徳院ではなく武士の立場が変わったのだと言い返した。

その夜、平氏一門は集まり、崇徳院につくか、鳥羽院につくかを議論するが、収拾がつかない。

すると清盛は、鳥羽院と崇徳院の仲を取り戻させると一同に宣言する。

そのころ、鎮西(九州)にある鳥羽院の所領を、弓矢が達者な巨漢が襲った。

源為義の八男・為朝である。

素行が悪く鎮西に追放されていた為朝だが、

この一件で鳥羽院の怒りを買ったため、為義は右衛門尉(うえもんのじょう)の職をとかれてしまう。

為義が頼れるのは藤原摂関家となった。

ある日、為義は比叡山の悪僧たちを頼長の前に連行した。

僧の一人、鬼若は以前頼長を助けた自分を見逃せと訴えるが、頼長は一切受けつけなかった。

綱紀粛正に厳しすぎる左大臣として「悪左府(あくさふ)」という異名までついた

頼長を父・忠実はいさめるが、父といえども口出しすれば容赦しないと頼長は宣言した。

そして、近衛帝の容体が悪い中、関白・忠通は信西に相談する。

子のないまま近衛帝が亡くなったら重仁・崇徳院の親子が権力を持つ可能性が高く、

崇徳院と関係が悪い自分は失脚する恐れがあると。

信西は忠通の不安に答えず屋敷に帰ると、雅仁が訪れていた。

信西は雅仁の乳父であった。

意気盛んな崇徳院の近くにいるのが嫌なため、

信西の妻・朝子をともない美濃の青墓宿(あおはかのしゅく)へ行くという。

この時勢に京を離れることを止める信西だが、雅仁は関係ないと言い捨て、旅立つ。

1155年、近衛帝の容体はますます悪化、得子はますます多くの僧を集めて祈とうさせ、

義朝は大きな護摩壇を寄進した。

清盛は鳥羽院に謁見し崇徳院との和解を勧めた。

鳥羽院の心は大きく動いていた。

芸事の盛んな場所である青墓宿を訪れた雅仁は、

そこで出会った白拍子・乙前の今様に、強く心を揺さぶられる。

雅仁は乙前に「遊びをせんとや生まれけむ」という今様の歌のように、

生き生きと生きる男(清盛)を誰もが頼りにするが、自分は誰からも相手にされない、

とさびしい真情をさらした。

乙前は雅仁の中にみなぎる力がやがて世を動かすといい、雅仁の心を癒やす。

近衛天皇はついに17歳の若さで世を去った。

平氏一門が動揺する中、清盛はこのことは鳥羽院と崇徳院の争いのはじまりではなく、

和解のきっかけになると告げた。

この数日前、妻を亡くし喪に服していた頼長は次の皇位継承者を決定する会議に出席できなかった。

会議には鳥羽院や信西、忠通などが集まり議論を重ねた。

弔問に訪れた清盛は内裏の一角で雅仁に会う。

雅仁は帝の崩御について、生まれることがすでに博打(ばくち)だが、

生まれてこなければ勝負にならない、と告げ今様を歌いだす。

その今様は清盛がまだ物心つく前に実母が歌っていたものであり、

清盛は不思議な懐かしさを感じる。

会議では鳥羽院が崇徳院の子・重仁を推し、

崇徳と和解し共に政治を行いたいと述べると、信西が猛反対。

崇徳上皇が復権すれば鳥羽院を許すはずはなく、大乱になる。

あくまで鳥羽院が扱いやすい方を帝にすべきと主張する。

そして継承者の行方は予想外の結末を迎える。

雅仁が即位し、後白河天皇が誕生したのだった。

以上NHK平清盛HPより


試合のためレビューが遅れてしまいましたが、

今回は近衛天皇の容態が悪化した事で近衛天皇に子がいないために次の世継ぎ問題が浮上した。

これも鳥羽院が実権を握り続ける為であったが、後継者は難航を極める。

それも崇徳上皇に権力を握らせたら鳥羽院は排除されるからだった。

そんな中で清盛は一貫して鳥羽院に従う姿勢を崩さなかった。

一門の会合においても清盛は鳥羽院と崇徳院の仲を取り戻させると話し

あくまで話し合いによる融和を目指した。

しかし朝廷の現状はそんな事態に転ばず、藤原摂関家この状況に乗じて権力復権を伺い、

崇徳院もまた復権を目指していたのだった。

その状況ゆえに時期天皇が決まらない状況が続く。

しかし藤原家成が亡くなり、藤原家は一歩権力争いから後退する。

そして近衛天皇が崩御し次期天皇を決める会合が開かれ、

どちらにも敵対しない天皇を選ぶことになりそこで浮上したのは雅仁親王だった。

これにより後白河天皇が誕生し混乱の時代へ突入する事になるのだった。

次回はついに鳥羽院が崩御する。

これにより争いがますます激化する事になる。

果たして鳥羽院の崩御は清盛をどう時代に巻き込んでいく事となるのか?

その混乱に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

平 清盛 二平 清盛 二
販売元:NHK出版
(2012-03-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)
販売元:産経新聞出版
(2011-12-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラックNHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック
アーティスト:V.A.
販売元:日本コロムビア
(2012-02-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る