3
25日ドラマ「鍵のかかった部屋」最終話を視聴した。

今回は密室を解こうとした矢先に榎本が警察に連行された。

榎本が連行されてしまった事で事件は暗礁に乗り上げようとしたが、

榎本が釈放され、専務が自供した。

しかしそれでも専務には犯行は無理だった。

そんな中社長を目撃した清掃の男が事件のカギを握っている事に

気づいた純子はその男の事を調べ上げる。

そしてわかったのはその男は偽名を使っており、写真もあまり映らないようにしていた。

そして再び榎本が密室の部屋を調べるとある事に気づく。

そして榎本は偽名の男の事を調べ上げ、その男が盗聴器で社長の事を調べ上げており、

そこから犯行の手口も見事に見破った。

そして榎本は犯人に自首を促し、自らはダイヤ10個と共に消え去ったシーンがメインだった。
ストーリー

榎本径が不在の中、青砥純子と芹沢豪は事件の検証を行う。

そして、榎本は犯人ではない、と純子が断言したとき、榎本が釈放されたと連絡が入る。

専務の久永が犯行を自認したからだ。

拘置所で純子と接見した久永は、

睡眠中の無意識のうちに社長を殺害したのかもしれない、と弱気になっていた。

その後、榎本は、副社長の穎原雅樹らに、

社長が狙撃事件を自作自演したのは、

社長室に隠した何かを守るため窓を防弾ガラスに交換させたかったからだろう、と話す。

さらに、久永は無実だとも言った。

榎本は、自分のことを通報した犯人が自分と社長との因縁を知ったのは、

社長室での自分と純子の会話を盗聴していたからだと推測。

そんなことが可能な人物は誰か、考えを巡らせた榎本は、

第一発見者の窓拭きのスタッフ・佐藤学に会いたいと雅樹に申し出た。

やがて、榎本と純子の前に佐藤がやってくる。

純子は佐藤に、社長が倒れていた場所を尋ねた。

佐藤がキャビネットの方を見やると、榎本は窓の外からだとそこは見えないはずだと指摘。

佐藤は、ゴンドラが上がったときに見えた、と証言した。

そんなとき、芹沢からの電話で純子が退室。

榎本とふたりになった佐藤は、社長室にいる違和感を口にした。

自分は、ガラス越しに眺めることしかできない存在なんだ、と話す佐藤。

そして、あなたも自分と同じ側の人間だろう、と言うと榎本の様子を伺い…。

以上フジテレビ「鍵のかかった部屋」HPより


今回は榎本が警察に連行された。榎本がこれまでの警備に関わった件が怪しまれたのだった。

確かに榎本のような人物であればどんな鍵でも破れるだろうからね。

しかしその後すぐに釈放された。

専務が犯行を自供したからだった。

そんな中今だに密室の謎が解けない榎本、純子、芹沢は色々な尺度から密室を検証するが、

その中で目撃者となった清掃員の男を怪しむ。

純子はその男の事を調べ始めるが、どうも所在が良くわからない。

以前住んでいた場所へ向かい、情報収集を図るが誰も印象がない。

そんな中1人詳しい人物がおり、その人物について聞くが、

そこで判明したのがその人物は偽名を使っていたという事だ。

確かに偽名の人物は小学校時代に引きこもりとなり、

その後殆どその人物に対する印象が殆どない状況だからいくら事情を聞いても知らない訳だ。

そしてそこからこの事件の真相が大きく動き始めた。

まず密室についてだけれど、密室はやはり介護ロボットを使った犯行であった事だが、

そのロボットの使い方が実に巧妙だった。

確かに社長の頭蓋骨がまだ不完全な事を知らなければこのような犯行はまず思いつかない。

そしてさらに事前に隠しダイヤを奪った事だ。

これは表に出せない物なので被害届はまず出せないだろう。

それを知って行った犯行だったが社長が殺された事で

犯人が1人しかいなくなったのがこの犯人最大のミスだったかもしれない。

第1発見者をまず怪しめという犯罪心理学の鉄則があるという事をね。

そしてこの事件を榎本は純子と芹沢を呼ばずに1人で解説して自首を促した。

そして榎本は純子と芹沢に最後の言葉を残して消え去ったのだった。

まあこれが榎本の本性だったのだろうけれど、

被害届を出せない物しかこれまで盗まなかったのだろう。

今回の件でも横領した物なので被害届を出せば

横領が発覚し逆に当事者が逮捕される訳で決して表に出せない物しか狙わない。

そう考えれば榎本がこれまでに足が付かなかったのも理解できる。

これが表の金や物ならこのようには言っていないし、

純子と芹沢を伴った密室解説なんてまず無理だ。

でも完全に榎本の正体を描かれた訳でもなく、

犯行の証拠も残していないだけに再びどこかで謎解きをする事になるのではないか?とも感じる。

総評として久しぶりに見ごたえあるミステリー密室事件を堪能できた作品だった。

ミステリーは元々好きなんだけれど、

そんな中で毎回の密室トリックが破られるシーンは本当に圧巻だった。

この続きがあるかないかは今後次第だが次は榎本の本当の正体を

純子と芹沢が追う事になるのかもしれない。

これで第2クールすべてのドラマが終わったけれど、

第3クールでは大河を含めて4作品を視聴する予定です。

もちろん月9は続投しますが、私が視聴するドラマの中では1番期待していなかったりします。

そんな中で月9はお金持ちと貧乏人というなんか昨年と似たようなドラマですが、

そんな格差ドラマの展開に注目して行きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

狐火の家 (角川文庫)
狐火の家 (角川文庫)
クチコミを見る


フジテレビ系ドラマ「鍵のかかった部屋」オリジナルサウンドトラックフジテレビ系ドラマ「鍵のかかった部屋」オリジナルサウンドトラック
アーティスト:Ken Arai
販売元:ポニーキャニオン
(2012-05-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


鍵のかかった部屋鍵のかかった部屋
著者:貴志 祐介
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-07-26)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
(2007-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る