5
9月7日公開の映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を鑑賞した。

この映画は1997年1月に放送された踊る大捜査線の劇場版ラスト作品で

湾岸署管内で殺人事件が発生し、

その殺人に使われた拳銃が警察内部で押収されていた拳銃だった事で

警察内部で隠ぺいを図ろうとするが、

それに気づいた青島が事件の真相を調べようとするが、

警察から辞表勧告を受けて警察官を追われそうになりながらも

自らの正義を信じて事件を解決に挑むストーリーである。

踊るシリーズラストを飾る最後の事件は青島が自らの正義を信じて行動し、

そしてその魂は事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!

という原点にあり、本当に正さなければならないものを正そうとしていく姿を観る事になるだろう。
15年に及んだシリーズの最終作品となった訳だけれど、

15年間という月日は色々な状況を変えてしまうものだ。

当時出演していた人の中でも亡くなられた方もいる訳でそれらの歴史を経て今に至る。

その中には今回の警察組織のような政治的理由で出れない人もいた訳で

このドラマそのものが政治的理由で継続が難しいという時が来たのかもしれない。

色々な確執もあったとは思うけれど、

それでも最後の作品で故人以外全員が揃えたのは

青島の最後を飾る上で本当に良かったのではないかと思う。

15年前から現場の叩き上げで始まった青島もそして恩田もこの事件が

事実上最後の事件となった訳だが、

最後の事件で青島は湾岸署の人たちに何を残して行ったのだろうか?

キャスト

青島俊作演じる織田裕二

恩田すみれ演じる深津絵里

室井慎次演じる柳葉敏郎

真下正義演じるユースケ・サンタマリア

篠原 夏美演じる内田有紀

和久伸次郎演じる伊藤淳史

真下雪乃演じる水野美紀

小池 茂演じる小泉孝太郎

鳥飼 誠一演じる小栗旬

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

湾岸署管内での国際環境エネルギーサミットの開催中に、サミット会場で誘拐・殺人事件が発生。

湾岸署に捜査本部が結成され、管理官として鳥飼がやってきた。

この事件には何か裏があるらしく、所轄の刑事は閉め出されてしまう。

鳥飼の指示で青島が容疑者を任意同行してくるが、その容疑者にはアリバイがあった。

しかし、その容疑者への暴行、自白の強要容疑で青島に自白勧告が下る。

そんな中、湾岸署署長・真下の息子が誘拐され…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして事件は色々な布石から起きているんだけれど、

湾岸署管内での国際環境エネルギーサミットの開催中に、

サミット会場で誘拐・殺人事件が発生した事から事件は進んでいくが、

その中で当然捜査本部が結成されるが、どういう訳か湾岸署はこの捜査から外されてしまう。

その直前にすみれが以前銃撃された傷の後遺症が酷く、

これ以上刑事を続けられないと退職を決意していた。

それに気づかない青島だったが、伸次郎はその事を聞いていた。

そんな中再び殺人事件が発生しその捜査もまた湾岸署は外される。

明らかにおかしいと感じていた青島はこの事件には

警察組織の人間が絡んでいる事を感じ始めていた。

そんな中1人の被疑者が連行されてきたが、

その被疑者は前日にすみれが事情聴取していた事で

犯行が不可能という事でそれを管理官の鳥飼に伝えるが、

その被疑者が犯人だと断定する。

まあ警察にとって前科のある人物を吊し上げれば隠ぺいできるというのがあるとは思うけれど、

それに気づいた青島は明らかにこの事がおかしいと室井と連絡を取り始める。

そしてその動きに警察上層部はこの責任を室井と青島になすりつけて

自らの保身に走り出すのだった。

正直これに限った事ではないが何かを隠ぺいしようとすれば

必ず何かの不合理が生まれるものだ。

その中で青島は本当の正義とは何かを確り認識して行動する。

辞表勧告を受けた青島は警察手帳を奪われてしまうが、それでも青島は事件を追い続ける。

そしてそこから分ってきたのはこの事件が6年前に発生した

真下によるある行動がキッカケの事件だという事だった。

そして真下の子供が誘拐された事で事件は大きく動き出す。

果たして青島は真下の子供を救う事ができるのか?

そしてすみれはそんな青島のピンチを知りながら実家に帰るのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、この作品は正義とは何か?

を大きく問われている作品だと思う。

警察組織の不祥事で事件は解決できず、

その縛られたルールによって解決できた事件が最悪の結果を招いた事で起きた事件だ。

何事もルールは必要だが、時にはそのルールが足かせになるケースはある。

そのルールにのっとりながら最善の選択をしなければならないが、

その不合理に自らの犠牲の元組織を変えようとした人たちによる

犯行はもちろん許される正義ではない。

組織の中では色々限界はあるけれど、

その組織の中で何ができるのかをもう少し考えればこの事件は起きなかったのかもしれない。

そして青島と室井はそんな組織の隠ぺい体質の中でできる事は

この事件の真犯人を逮捕して結果を出す事だった。

その結果を出す事こそで組織の体質を変えていけるのだと

現場の叩き上げ青島の行動に室井が応えるという図式は

この15年間続いた確執関係でもあっただろう。

そして最後に青島はどんなに動けなくなろうとも事件は会議室で起きてるんじゃない!

現場で起きているんだ!

という信念でこれからも事件に立ち向かっていくのだと思う。

総評として最後の作品で全員揃う事ができたのは本当に良かったし、

例え作品が終わってもこの世界で生きる人たちは事件を追い続けるし、そして生き続ける。

青島もすみれもこの世界で生き続けていく訳だけれど、

できれば本当のファイナルにするなら青島とすみれでから揚げ屋を起業して

2人で商売をするのが1番良かったのかな?と感じる。

刑事を続ける以上作品として終わった感じがしないし、

この流れならまだ先が描ける要因を残しただけに

ファイナルにするなら青島が刑事を辞職して

新たな道に進んだ終わり方が良かったのでは?と感じましたが、

それでもこれが青島らしい最後の事件だったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD]
出演:織田裕二
販売元:フジテレビ
(2003-06-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「踊る大捜査線 THE FINAL」 COMPLETE BOOK (ぴあMOOK)「踊る大捜査線 THE FINAL」 COMPLETE BOOK (ぴあMOOK)
販売元:ぴあ
(2012-08-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)
出演:織田裕二
販売元:ポニーキャニオン
(2005-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
販売元:ユニバーサル シグマ
(2012-09-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 シナリオ・ガイドブック
販売元:キネマ旬報社
(2012-09-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! [DVD]
出演:織田裕二
販売元:ポニーキャニオン
(2004-06-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る