5
11月23日公開の映画「カラスの親指」を鑑賞した。

この映画は詐欺師のコンビがある日突然少女を助けた事で

姉妹とその恋人との共同生活をする事となり、過去の因縁から5人は狙われてしまうが、

5人は最後の大勝負を掛けて因縁の相手を騙すストーリーである。

悪い奴を騙すストーリーは痛快だが、それ以上にもう1つ騙されたストーリーにも感動し、

この結末を知るまで目が離せないだろう。
詐欺師という事で人は何かに騙されてしまう事は少なくない。

そんな中で騙されないようにして生きている訳だけれど

そんな中詐欺師のコンビを組んでいる2人が悪い奴らに

追われている少女を助けた事で物語の展開は大きく変わっていく。

そして5人で悪い奴らを騙す事を決意した先に待っている結末もまたいいお話である。

果たして騙し、騙された先に待っている結末とは?

キャスト

武沢竹夫演じる阿部寛

入川鉄巳演じる村上ショージ

河合やひろ演じる石原さとみ

河合まひろ演じる能年玲奈

石屋貫太郎演じる小柳友

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

悲しい過去を背負い、詐欺師として生きるタケとなりゆきでコンビを組むことになった男、テツ。

詐欺に励む二人のもとに、アパートを追い出された美人姉妹とその恋人が転がり込んできた。

三人もまた不幸な生い立ちを持ち、ギリギリのところで生きてきたのだった。

五人は賑やかに共同生活を満喫するが、タケの暗い過去の因縁が五人を徐々に追い詰め、

それは彼らに一世一代の大勝負を決意させるのだった…。

果たして、勝負はどう出るか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして詐欺師のコンビを組んでいる

タケとテツは競馬場でタケが競馬に疎いサラリーマン、

テツが馬の獣医を装った予想屋で1人のカモをまんまと騙した。

そしてその金で次の騙す先を思案していた先にアジトだった

アパートは火事で2人は行き場を失った。

行き場を失ったタケとテツは東の方に住まいを変えるが、

そこでタケとテツは財布をスリしようとした少女を助ける。

そしてその身の上話を聞いた時タケは8年前の過去に

自ら関わった時の少女まひろだとわかりタケは困ったら家に来いと住所を渡したのだった。

住まいが決まった一軒家で翌日助けた少女まひろが姉のやひろ、

その恋人貫太郎とともに転がり込んできた。

まさか3人も転がり込んでくるとは思わなかったタケとテツだったが、

タケは5人での共同生活を決意する。

そんな穏やかな日々の中で5人の前に8年前の因縁が忍び寄ってくる。

次第に追い詰められる5人は今後どうしようか話し合った。

そして1つの決心がついた。

俺らの得意な騙しで対抗すれば良い!

そして5人は因縁の相手を騙すアルバトロス大作戦を敢行する。

手口は携帯に盗聴器を仕掛けて、銀行口座の口座を全て調べ上げる。

そのために因縁の相手にプリペイトの携帯を買わせる必要があった。

それにまんまと引っ掛かり、そして銀行口座全てを聞き出す事に成功した。

そして作戦敢行!

その部屋に盗聴器が仕掛けられているという触れ込みで部屋を調べる

という事で部屋を調べるふりをして部屋に再三の仕掛けをする。

そしてさらに金庫を開けさせてその中を調べる事にした。

そしてそこからあるとんでもない作戦に出るのだった。

ここは劇場で観てほしいけれど、

作戦は見事に成功し5人はその後解散するが

この話にはもう1つ騙した話があったのだった。

果たして本当に騙された人は誰なのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、いやお見事な騙し振りだったという感じです。

1番騙す人が騙された訳ですから詐欺師とコンビを組むとそうなるものかと感じますね。

何故まひろ、やひろが絡む事になったのかもラストになるとわかりますし、

何よりまひろ、やひろが途中から気づいているという点も見逃せないんですよね。

それは全ての事情を知ったからでしょうけれど、

それ以上にタケも本当はそんな人じゃないという事を知ってほしかった

というのは最期の罪滅ぼしという事でもあるし、

何事も真っ当な道を歩みたいものですし、歩ませてくれたという事でしょうね。

総評として5人の短い家族生活、並びに大勝負は本当にお見事だった。

完全に騙す側と騙される側が一緒になるストーリーも素晴らしいけれど、

それ以上にカラスの親指だった人の心遣いは4人に通じたと思いますし、

それぞれ真っ当な人生をこれから歩んでいくものだと思います。

見事に騙されてしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumbカラスの親指 by rule of CROW’s thumb
著者:道尾 秀介
販売元:講談社
(2008-07-23)
販売元:Amazon.co.jp


カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)
著者:道尾 秀介
販売元:講談社
(2011-07-15)
販売元:Amazon.co.jp


スクランブルスクランブル
アーティスト:泉沙世子
販売元:キングレコード
(2012-11-21)
販売元:Amazon.co.jp