5
この時期になると毎年恒例のプロ野球順位予想ですが、

今シーズンはWBCの影響がどう反映されるのかも見所です。

それでは私なりに2013シーズンの順位予想をしたいと思います。
今季もセントラルはほぼ1位は確定それ以外は難しいとなりそうですし、

パシフィックはずば抜けた戦力のチームもないので

その中でどのチームが抜け出すのかという感じになりそうです。

セントラルリーグ

1位 巨人

2位 広島

3位 東京ヤクルト

4位 横浜

5位 中日

6位 阪神


1位はどう考えても巨人以外に考えられない戦力なので1位はまず不動です。

WBCで内海、杉内、澤村、山口を代表として不在の期間があったのでその辺がどうなのか?

というのはありますが、ホールトン、宮國、菅野ら先発陣も豊富だし、

リリーフ陣もマジソン、西村、高木京らほぼ万全に揃っている。

野手陣に至っては代表の阿部、坂本、長野の調子が気がかりですが、

それ以外の野手で十分カバーできるだけの力があるので

まず問題ないかと思います。

それ以外のチームが逆に難しいんですよね。

昨年4位とあと一歩のところでクライマックスを逃した広島は

先発陣とリリーフ陣が整備されてきた事でかなりやりそうな感じがあります。

対して東京ヤクルトは外国人に頼っている部分が大きくバレンティンが故障がち、

投手陣こそ纏まっているもののやはり野手陣の出来次第という感じがあります。

横浜は今季はブランコら中日勢を根こそぎ補強し、

投手陣さえ整備できればクライマックスも行ける可能性があります。

対して中日は吉見投手、浅尾投手の故障が気がかりであり、

さらにウッズの穴を同めるのか?というのがあります。

阪神は昨年金本、城島の引退、藤川投手の移籍で戦力ダウンが否めない状況です。

若返りという点を考えると福留が金本の穴埋めとしても

その他に期待の若手野手がいないし、

西岡の補強こそあったもののこれが機能するかしないかで

かなり違ってくると思います。

やはり投手陣が問題でしょうね。

藤川投手がいなくなったことで誰を抑えで起用するのか?

ここが決まらないと終盤でもたつく可能性があるので

チームとして若返りができるのか?

というのが今シーズンだと思います。

パシフィックリーグ

1位 福岡ソフトバンク

2位 北海道日本ハム

3位 埼玉西武

4位 東北楽天

5位 千葉ロッテ

6位 オリックス


1番順位予想が難しいのがパシフィックですが、

1位は総合力のある福岡になる可能性が高いでしょうね。

昨年の覇者北海道は糸井選手の移籍、

MVPを獲得した吉川投手が2年連続同じ成績を残せるかが難しく

期待の新人大谷選手も1軍では未知数という部分はあるものの

1位争いは福岡と北海道になるのは間違いなさそうです。

対して3位以下は非常に難しくダントツ最下位のチームはないでしょう。

戦力アップしたのは東北楽天でジョーンズが実績通り活躍すれば

クライマックスも見える可能性があります。

対して埼玉は中島選手の移籍、中村選手の故障で打線の戦力ダウンが否めず

この戦力ダウンをどう埋めるのかがポイントになりそうです。

千葉ロッテが比較的戦力ダウンが少なく、

オリックスは糸井選手の加入でどう浮上するのか?

いずれにしても3位以下の差はないと思います。

昨年は殆ど順位が当たらなかっただけに正直予想通りにいかないのが

ペナントなので下位予想されたチームが奮起すれば

リーグが盛り上がるという意図もありますので

各チームクライマックスまでまずは奮闘してほしいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。