3
1日大河ドラマ「八重の桜」第35話を視聴した。

今回は襄から求婚を申し込まれた八重だったが突然の求婚に戸惑いを見せいてた。

一方襄は学校設立のために奔走するも京都では仏教の街ゆえになかなか理解されない。

そんな中で八重は尚之助が死去した事を告げられる。

そんな中で襄は八重を連れ出して以前弟三郎が戦死した場所に連れて行き

そこでこの場所を見つめる事も大切だと告げる。

そして八重は再度襄の求婚を受け入れたシーンがメインだった。
ストーリー

新島襄からの突然の求婚に、戸惑い続ける八重。

そんな折、八重のもとを幼なじみの時尾が、

藤田五郎と名を改めた斎藤一と共に訪ねてくる。

八重は再会を喜び、2人が結婚したことに驚く。

それからしばらくして、八重のもとに東京にいた尚之助が肺病で死去したという知らせが届く。

襄は、悲しみに暮れる八重を強引に人力車に乗せ、弟・三郎が戦死した場所へと連れて行く。

八重は激しく動揺するが、襄がこの場所に連れてきた理由を聞いて…。

以上NHK大河ドラマ「八重の桜」HPより


今回は襄は京都で学校創設のために奔走するも京都は仏教の街であり、

日本の長年の歴史ゆえになかなか理解を得られない。

そんな中で八重の元に尚之助の死が伝えられて八重は動揺すると

襄は八重を連れ出して三郎が亡くなった戦場に連れて行く。

ここで八重にここで確り向き合わないと何時までも戦争は終わらないと告げて

八重にこれまでの死んでいった者たちと向き合う。

そして八重はここで初めて会津戦争が終わった。

確かに何処かで向き合わなければならない場所があるから

八重にとってもこの機会は非常に良かったと思う。

そして襄は再び八重に求婚を申込み八重もこれを了承するのだった。

次回は八重は襄と結婚するもここから周りの弾圧を受けていく。

果たして八重はこの新たな戦いにどう向き合っていくのだろうか?

新たな戦いに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。