5
9月13日公開の映画「許されざる者」(PG12指定)を鑑賞した。

この映画は1992年に全米で公開された許されざる者の日本版によるリメーク作品で、

開拓地時代の北海道の蝦夷で暮らすかつて幕府軍切っての殺し屋だった男が

ある依頼により再び刀を握って人斬りに向かうストーリーである。

数多くの人を斬った者は何処へ行っても許されないのだろうが、

その中で許されない中で頼られた依頼を受けて向かっていく姿には

許されざる者の覚悟を見る事となるだろう。
全米映画の日本でのリメークは珍しいのだが、

これも世界の渡辺だから実現したと言って良い作品だと思う。

時代は明治維新の日本の北海道だけれど、

まだ蝦夷地と言われていた時代にそこにひっそり暮らしていた

かつては人斬りと恐れられた男が再び刀を握ってある依頼を受ける事になる。

果たして再び刀を握った先にみる結末とは・・・

キャスト

釜田十兵衛:渡辺謙

馬場金吾:柄本明

沢田五郎:柳楽優弥

なつめ:忽那汐里

お梶:小池栄子

秋山喜八:近藤芳正

北大路正春:國村隼

姫路弥三郎:滝藤賢一

堀田佐之助:小澤征悦

堀田卯之助:三浦貴大

大石一蔵:佐藤浩市

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

明治維新の際に北海道に落ち延びた幕府軍の生き残りである釜田十兵衛は、

僻地で幼子と暮らしていた。

そんな十兵衛のもとに、かつての幕府軍の仲間である馬場金吾がやって来た。

開拓民に顔を切り刻まれた女郎がおり、

その女郎仲間が犯人の開拓民に千円の懸賞金を懸けたというのだ。

刀を捨てた十兵衛だが、子どもたちの冬支度の金を稼ぐため、

女郎たちのいる鷲路の町へ向かう。

その町は、大石一蔵という冷酷な警察署長が支配していた。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして蝦夷の過疎地で密かに暮らす

釜田十兵衛は刀を捨てて幼子2人と暮らしていた。

そんな中でかつての仲間である馬場金吾が現れ

開拓民の女が斬られその懸賞金を掛けたので

その殺しを手伝ってほしいというものだった。

最初は躊躇う十兵衛だったが十兵衛はかつての仲間の頼みを断れず行く事を決める。

その道中では沢田五郎という男とも合流し懸賞金が掛かった

犯人を狙うために町へ向かうのだった。

当時はまだ侍を捨てられずにいる者が多く、蝦夷地にも溢れていた。

故にそういう犯人に対しては処分が甘い所があったようだ。

これに納得できない女たちは懸賞金を掛けたというのが経緯だ。

そして目的地に到着した十兵衛はまず最初の犯人の1人を見事に殺害するが、

なかなか止めを刺せない。

そこに十兵衛が刺すのだが、

やはりかつて軍とはいえ多くの殺しを行った者としては避けて通れない事なのだろう。

そしてそんな中で十兵衛の仲間が捕らわれてしまい、

犯人こそ討ち取ったが十兵衛は仲間を半殺しにした

警察署長らへの復讐に向かうのだった。

果たして復讐に向かった先にみる光景とは・・・

結末は劇場で観てほしいけれど、

やはり許されざる者として生きてきた十兵衛にとって

その許されざる者は俺1人で十分だという事を最後で描かれている。

ゆえにこの事に絡んだ沢田五郎となつめは追われない様に逃がして

置いてきた幼子を託している。

そして自らは全ての罪を背負う事で許されざる者として生きる事を決意するのだが、

やはり誰かが全ての責任と罪を背負う必要があるので

その意味では今回の責任全ては十兵衛にあるという事を示した格好だ。

責任の取り方というのはあるけれど、

この事件で手を掛けたのは自分だった訳で、

その意味で周りの2人は巻き込んだ事にしてしまえば街は及ばないという事になる。

この出来事は新聞に描かれたとしても十兵衛は許される事なく生き続けていくだろう。

総評として許されざる者として生きる事は容易な事じゃないし、

罪を背負えばその罪は死ぬまで背負う事になる。

軍での殺しは罪には実際にならないものの、

やはり人を殺してしまうといくら罪にならないとしても殺した罪は許されない者であり、

それが死ぬまで許される事はないという認識を描いたのは見事だし、

どんな小さなことでも死ぬまでその罪を背負っていく事になる事を

私たちの日常では忘れがちだ。

その意味では実に解り易く許されざるものとはこういう事なのだと描いてくれた作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

映画 許されざる者 オリジナル・サウンドトラック
岩代太郎
カナメイシレコード
2013-09-11