5
3日プロ野球日本シリーズ2013東北楽天対巨人第7戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、

3対0で東北楽天が美馬投手の好投を2番手則本投手、

最後は前日160球で完投した田中投手が志願の登板で抑え初優勝を果たし、

東北楽天は創設9年目で日本一を達成した。

試合は東北楽天先発美馬投手、巨人先発杉内投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が2死満塁までチャンスを広げるも6番坂本選手が凡退してチャンスを逃すと、

その裏東北楽天が5番マギーの打球をショート坂本選手がエラーして先制を許すと、

2回に東北楽天は2アウトから1番岡島選手のタイムリー2ベースでリードを広げられると

巨人は杉内投手を諦め2番手澤村投手を投入した。

しかし東北楽天は4回に9番牧田選手のホームランでさらにリードを広げられると、

巨人は2回以降チャンスらしいチャンスを作れず迎えた土壇場9回に

東北楽天が前日160球投げている田中投手をマウンドに送り、

巨人打線が最後の粘りを見せて2死1,3塁まで持ち込むも

最後は代打矢野選手が三振に倒れて巨人は40年ぶりの連覇を果たす事ができなかった。

これで東北楽天は田中投手がシーズン初の黒星を屈した翌日に

選手生命を縮める覚悟で最後はマウンドに立って抑え最高のシーズンを終えた。
東北楽天ファンの皆様にとってはこの日が来る事は夢だったと思いますし、

東北の希望の星でもありました。

昨年はJ1ベガルダ仙台が優勝争いを最後まで繰り広げましたが、

今年は東北楽天がリーグ優勝、日本一と仙台で歓喜に沸く日が

来る事は9年間のシーズンを振り返れば信じられない事だったと思います。

田中投手も選手生命を縮める事と引き換えに前日160球投げて中0日で抑えで

登板してくるとは正直私は彼の野球人生を思うととても危惧する事でした。

しかしこれも彼が東北の人たちを思って自らの意思で望んだ事です。

その気持ちだけは十分理解します。

こちらの記事ではこれ以上書くと祝福になりませんので止めますが、

このシリーズ巨人は悪役、東北楽天は正義という感じでしたが、

何度も優勝している巨人が勝つよりも、

悲願の初優勝の東北楽天が勝つ事で日本が良くなるなら喜んで悪役になり、

日本の為にこの結果になって良かったと私は思っております。

犠牲こそ払いましたが、東北楽天日本一おめでとう!

来季以降も東北の人たちの為に希望の星であり続けてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。