3
15日ドラマ「GTO」第2話を視聴した。

今回はADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ生徒を父親が転校させようとして

それを知った生徒が自暴自棄になり暴れ出す。

事情を知った鬼塚だったが家庭の問題故なかなか介入できない。

しかし鬼塚は生徒の事を理解してもらおうとクラスの生徒たちに、

そして母親に理解を求めた。

マラソン大会で完走するために鬼塚自ら特訓する事となり特訓の日々が始まる。

そして本番当日生徒は最後まで走り切りやり切るという事を経験したシーンがメインだった。
ストーリー

2年A組の生徒・宇佐美太一が、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つと診断された。

父親の雅史は、母親の美代子の反対を押しきり、

衝動的な行動が抑えられない太一を障害支援クラスのある高校に転校させようと決める。

その学校には寮があり、太一は家族と離れて暮らすという。

鬼塚は反対するが、転校を知った太一がショックのあまり

クラスメイトに殴りかかる騒ぎを起こし、雅史はかえって転校させる意思を固くしてしまう。

そんな折、太一は自分のせいで弟の佑二が同級生にイジメられていると知ってがく然。

その日から、自分の腕をつねって動き出したい衝動を我慢するようになる。

それは、一人では何もできない太一を心配し、

親元から離したくない美代子の苦肉の策だった。

異変に気づいた鬼塚は宇佐美家に向かい、

「今日は何も我慢しなくていい」と太一を海に連れ出す。

"願いが叶うお守り"と砂浜に流れ着いたイルカの耳骨を探す太一が打ち明けた願いは、

家族を思いやるものばかりだった。鬼塚はそんな太一がいじらしく…。

翌日、太一が校内のマラソン大会に出場すると言い出した。

ほなみは、ひとつのことに集中できない太一が最後まで走り抜く姿を家族に見せ、

転校を取り止めてもらおうとしているのではないかと推測。

だが、去年は完走できず、コースを離れて迷子になる騒ぎまで起こした

太一の出場に内山田らは難色を示す。

それでもあきらめない太一は、鬼塚とほなみに見守られてマラソンの練習に励むが、

無理がたたって倒れ、入院してしまう。雅史は激怒し、大会への出場にも猛反対。

そんなとき、太一の「僕、走りたい」というメールを受け取った鬼塚は、

龍二と冴島の協力で太一を病院から抜け出させ、マラソン大会に送り出す。

憤慨して学校に押しかけてきた雅史、そして祐二を連れて駆けつけた美代子に、

鬼塚は太一がマラソン大会に出た本当の理由を明かす。

太一が胸に秘めていたある悲しい決意に、涙が止まらない雅史と美代子。

まもなく、フラフラになりながらも走り続けた太一が、ようやくゴール!

「家族の前だけは、我慢しなくていい」という鬼塚の言葉に、

家族と一緒にいたい気持ちをぶちまけた太一を、

雅史と美代子は涙ながらに抱きしめて…。

明くる日、太一の思いを受け止めた雅史は、太一の転校を取り下げる。

同じころ、2年A組の教室では、思い詰めた様子のあゆなが

何かを打ち明けようと葛木に近づいて…。

以上フジテレビGTOHPより


今回は鬼塚はADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ生徒宇佐美と向き合う事になった。

ADHDは1つの病気であるんだけれど、

外見上は普通なのでこの病気を確り認識しないと誤解を生む事が少なくない。

故に最初はクラスの生徒たちもどう接して良いのか良く解らなかった。

故に時として暴れ出す事もあるほどの問題行動で教師たちも頭を悩ましていた。

それでも高校に合格しているのですから他の生徒と違わないからこそ入学しているので、

私も高校時代に身体に障害を持つ人と交流した事があるのでそういう事をどう受け止め、

どう理解すべきかを確り高校時代に知っておくことも重要だ。

家族はその障害を危惧して転校する事を決断するが、

逆にそれが宇佐美にとってはショックだった。

そこで鬼塚が宇佐美の事をクラスの生徒に理解してもらおうと行動を起こしていく。

鬼塚が理解を訴える事で生徒たちは少しづつながら宇佐美の障害と向き合うようになる。

そして宇佐美自身も以前マラソン大会で迷子になるほどだった

走る事を鬼塚が自ら特訓に付き合う事で乗り越えてほしいと練習する。

そしてマラソン大会当日宇佐美は最後まで走り切り乗り越えるという事を自ら知ったのだった。

やはり何事も経験させなければ解らない事があるというものであり、

避けるのは簡単だが、向かうのは容易な事じゃないけれど

前へ進ませなければ乗り越えられない事を知ったのだった。

次回は生徒同士の交際トラブルが殺人予告まで発展する。

鬼塚はこのトラブルをどう解決するのか?その授業に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。





GTO(2012) Blu-ray BOX
AKIRA
TCエンタテインメント
2012-12-26