3
14日大河ドラマ「軍師官兵衛」第37話を視聴した。

今回は官兵衛が長政に攻めるなと命じながら宇都宮鎮房を攻めた事で

長政は命からがらの敗戦を屈し官兵衛はこっ酷く叱責する。

佐々長政の二の舞を避けるべく毛利と共同で鎮房を追い込み、

鎮房と和解して自らの配下に加えた。

しかし秀吉がこの処置を良しとせず当初の伊予への国替えを拒否した事を理由に

官兵衛に鎮房を討つように命じる。

佐々長政の二の舞を避けなければならない官兵衛は苦渋の決断として

鎮房を殺害する事を選択して長政に銘じて鎮房を討ったシーンがメインだった。

今回は豊前を与えられた官兵衛だったが肥後の一揆に討伐、

さらに宇都宮鎮房の一揆に対応に追われていた。

元々治めていた鎮房の領地安堵を破った訳で、

秀吉の命とはいえ官兵衛にとっては約束を破ったと

鎮房に思われても仕方ない場面だ。

そんな中鎮房の一揆を収めようと長政は

自ら兵を率いて向かうも要塞の前に尽く兵を失い、

危うく自らも討たれそうになるのだった。

正面から攻めれば落とせないと悟った長政は官兵衛に策を進言するように言われ、

長政は出城を作って持久戦に持ち込む事を進言する。

この意見には満場一致だったが、

あまり時間を掛ける事ができないと和解に持ち込み鎮房は官兵衛の配下となった。

しかしこれに秀吉が激怒し、

当初伊予への国替えを命じながら拒否した事を口実に

官兵衛に鎮房を殺害するように命じられる。

当初は領土安堵と約束しながら自らの手で殺さなければ

黒田家が潰されかねないという事を官兵衛が痛いほどわかっていた。

故に苦渋の選択として官兵衛は鎮房を殺害するしかなかったのだった。

官兵衛は長政に命じて鎮房を殺害させたのだった。

次回は官兵衛に更なる試練が訪れる。

秀吉が官兵衛を恐れるようになり更に官兵衛を追い込もうとする。

このピンチに官兵衛はどう乗り越えようとするのだろうか?

そのピンチに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

軍師官兵衛 完全版 第弐集 [Blu-ray]
岡田准一
ポニーキャニオン
2014-11-28