5
26日プロ野球日本シリーズ2014

阪神タイガース対福岡ソフトバンク第2戦が阪神甲子園球場で行われ、

1対2で福岡ソフトバンクが3番内川選手のタイムリー、

4番李大浩のホームランを守り切り、対戦成績を1勝1敗の五分にして舞台を福岡に移す。

試合は阪神先発能見投手、福岡先発武田投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が1死2塁から3番内川選手のタイムリーで1点を先制すると、

4回には4番李大浩のホームランで突き放す。

福岡先発武田投手が5回までノーヒットに抑えるも

6回に2アウトからヒットを許すと1番西岡選手のタイムリーで1点差とされる。

しかしその後福岡は阪神の反撃を抑えて

最後は抑えのサファテが抑えて福岡が対戦成績を五分に戻した。

これで福岡は1勝1敗として舞台を福岡に持ち込む事に成功した。
初戦と打って変わって今度は福岡が先行する展開となった。

このシリーズは先行したチームが有利になる事がハッキリした感じだけれど、

それ以上に福岡は先発武田投手が5回まで阪神に走者1人も許さなかった事が大きかった。

抑えは福岡も揃っているだけにこの展開になれば福岡も十分逃げ切れる。

阪神も序盤で攻略できないと苦しくなる事を痛感したのではないかと思う。

第3戦は福岡に舞台を移してDH制で戦う。

第3戦はどちらが先に取るのか?その戦いから目が離せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。