5
28日プロ野球日本シリーズ2014

福岡ソフトバンク対阪神タイガース第3戦がヤフオクドームで行われ、

5対1で福岡ソフトバンクが藤波投手を攻略して勝利し、

対戦成績を2勝1敗として一歩リードした。

試合は福岡先発大隣投手、阪神先発藤波投手の投げ合いで始まり、

初回に福岡が3番内川選手のタイムリー2ベースで先制すると、

4回に9番細川捕手の振り逃げの間に1点追加した。

そして6回福岡は2死満塁から3番内川選手の打球を野選で1点を加えると、

4番李大浩のタイムリーで2点を加えた。

阪神は8回まで反撃らしい反撃ができず、

9回にようやく3番鳥谷選手のタイムリーで1点を返したが及ばず福岡が第3戦を制した。

これで福岡ソフトバンクが2勝目を取りホームで有利な展開に持ち込む事に成功した。
第3戦は取った方が最低でも第6戦まで戦えるだけに

阪神にとっては非常に重要な試合だった。

しかしこのシリーズは先に先取点を取ると反撃するのが難しいシリーズになっているだけに

藤波投手が初回に失点を許したのは阪神にとっては

あまりにも痛い失点だったのは言うまでもない。

福岡は先取点を上げた事で小刻みに点を重ねて、6回にこの試合を決める3点を上げた。

大隣投手が7回まで無失点で投げ切ったのは大きかったと思う。

第4戦は福岡が取れば一気に王手となる試合だ。

果たして福岡がこのまま第4戦を取るのか?注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。