3
26日ドラマ「きょうは会社休みます。」第7話を視聴した。

今回は悠斗から同棲を申し込まれた花笑は迷いながらもその返事を受け入れる。

そして2人で部屋を探しに回るが、花笑はこれまで2泊以上の外泊経験がなく、

自分の姿をさらけ出す事そのものが不安になる。

それでも花笑は悠斗と一緒に同棲する部屋を決めて契約するところまでこぎつけたが、

社会人の花笑と学生の悠斗では社会的にも花笑の方が信用され易く、

契約段階で花笑が契約者となり、悠斗は現実を感じる。

そんな中で悠斗が熱を出して寝込んだ事を知り、

悠斗の看病をする花笑はそこで悠斗から同棲は止めようと提案され、悠斗との同棲は流れた。

そして悠斗は大学院へ進学し花笑に相応しい男になると語ったシーンがメインだった。
ストーリー

田之倉からの仲直りのサインを読み違えていた花笑だったが、

無事にケンカを乗り越え、なんと同棲を提案される。

はりきって田之倉と部屋探しを始めるものの、

30年間実家暮らしのぬるま湯生活をしてきたおかげで、

不動産屋さんに出入りするのはおろか、

二泊以上の外泊をしたことも数えるほどしかないことに気づく。

しかも、自分がいびきをかくことを知り、田之倉との同棲に不安を感じる花笑……。

一方朝尾は新しいレストラのンオープンに向けて

再び帝江物産に出入りするように。

瞳は張り切り、いなくなったはずのライバルの再登場に加々見は意気消沈。

いきなり同棲を始めることにハードルの高さを感じた花笑は、

予行演習のため、田之倉のアパートに連泊することにチャレンジする。

しかし、慣れない共同生活の壁は想像以上に厚く、

気兼ねのない実家暮らしを居心地よく感じてしまう。

さらに、朝尾から「同棲するカップルのほとんどは結婚前に別れる」と聞かされ、

そう言えば付き合ったばかりの頃はときめいていた

出来事にも少しずつ慣れ始めている自分に気づく。

そんな折、田之倉が風邪をひき、花笑は看病のために田之倉の部屋へ。

果たしてこじらせ女・花笑は年下彼氏と同棲する女へ生まれ変わることができるのか!?

以上日テレきょうは会社休みます。HPより


今回は花笑と悠斗が同棲へ向けて動き出すというのが今回だった訳だけれど、

年齢差があってもそれぞれ社会人であれば十分成立するものだけれど、

これが社会人と学生では大きな差となってしまう訳だ。

これが男性が社会人、女性が学生ならまだ成立するものかもしれないが、

逆になると収入の格差もあるし、

その格差がどうしても障害となるケースが今回の契約する上での状況になる。

花笑は社会人で両親も健在だから保証人を得られる可能性が高いが、

悠斗の場合収入もそうだけれど、社会人で無い故に借りる事そのものが難しい。

現状として花笑が契約者となるのは仕方ない事だ。

そんな障害を受けて悠斗もこのままではいけないと考えるようになる。

花笑もまた同棲する上での障害を痛感する。

そんな中悠斗が熱を出して寝込んだところに看病へ向かう姿が描かれているけれど、

こういう看病から距離が縮まる事はあるものだ。

そして花笑は悠斗に自分の姿を見せる事への抵抗感も感じながら距離を縮めようとするも、

悠斗が経済的な面で花笑を養えない事を痛感した事で

大学から大学院へ進み更に勉強する事を決める。

これは難しいけれど、今の時代大学院へ行っても逆に就職が難しくなるケースはある。

簡単に大学院へというのは時として考えものだ。

次回はそんな現実に直面した花笑は更なる現実に直面する。

悠斗の母親と対面した花笑は果たしてどういう決断をする事になるのか?

その対面に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。