3
22日ドラマ「信長協奏曲」最終話を視聴した。

今回はサブローが信長でない事を知った恒興はサブローに出て行け!と叫ぶ。

そんな中浅井、朝倉軍が最後の決戦に備え集結していた。

しかしサブローはこの合戦を回避すべく和睦を結ぼうとするが

浅井方で交戦派に押されて和睦を断り合戦となる。

そして合戦では数で勝る信長軍が圧倒し、浅井久政を討ち取り、

市の救助後サブローは長政を助けるべく

小谷城へ向かうも長政はサブローに市やその後の事を託して自害した。

そしてサブローは織田家を去ろうとしたが、

信長と恒興の意向でサブローはこのまま信長を続ける事になるが、

その裏で半兵衛が本物の信長、偽者の秀吉に暗殺されたシーンがメインだった。

ストーリー

サブローは本物の信長でないことを池田恒興に知られ、

織田家から出て行けと突きつけられる。

そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。

いざ開戦と逸る家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。

憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。

サブローは、竹中半兵衛を和睦の使者に任命し、

浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。

だが、羽柴秀吉が危険だと遮ったため、書状を送ることになった。

軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると恒興と約束。

恒興は、サブローの決意を明智光秀に報告する。

今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る光秀。

すると沢彦(でんでん)は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。

半兵衛は浅井に行くことを強く遮った秀吉に疑念を抱いていた。

その秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、

すでに一計を案じている様子。

一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。

やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。

それでも会見に応じようとする長政だが、思いがけない事件が起きてしまう。

サブローは帰蝶に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。

そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じている長政との会見に臨むのだが…。

以上フジテレビ信長協奏曲HPより

今回はサブローが偽者だと知り、サブローは恒興から出て行けで言われるが、

その直後浅井、朝倉連合軍が最後の戦の為に兵を結集していた。

戦いを避けたいサブローは書状を出して長政を説得するが、

会談で長政はこれを拒否して戦わなければならなくなる。

そんな長政と戦う苦悩の末サブローは長政との戦いを決意する。

戦いは兵力に勝る信長軍が朝倉を滅ぼし、浅井も追い込んでいた。

そして浅井を討ち市を救出するために秀吉が乗り込み、秀吉は久政を討ち、市を助けた。

サブローは市に謝罪するが市は恨みなく定めと割り切っていた。

そしてサブローは恒興と共に長政を助けに向かうが、

長政はサブローにその後の世が幸せな世であってほしいと遺言し自害して果てた。

当初は去ろうとしていたサブローだったが、

信長が今後もサブローに信長を続けてほしい事と、

恒興もサブローに付いていきたいと思うようになり

サブローは恒興に引き止められて再び信長を続けるが、

そんな中半兵衛が信長、秀吉に暗殺されたのだった。

まあ最後のシーンは後の本能寺に繋がる事位はある程度予測できてしまう訳だけれど、

話では実は光秀と秀吉は繋がっていたという仮説もあるほどなので

逆にこの見解で行けば本能寺は・・・という事になる。

全ての真実は本能寺の来年12月にあるという事だ。

総評として史実を上手く利用して事が進むという事で

ある意味歴史を知っていればその後の流れが良くわかる訳で

恐らくこの結末は想像できるのかもしれない。

しかしそんな果てに観るサブローの戦いぶりを来年劇場で観たいところだ。

これで今年最後のドラマとなり今年のドラマレビューは終わります。

また来年もドラマレビューを続けて行きますので

その時間にお付き合いできる方としたいと思いますので来年もよろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。