3
12日ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」第5話を視聴した。

今回は深冬が倒れ病状が進行していた。そんな中で沖田と壮大が衝突してしまう。

冷静になれない壮大だったが、提携話を再び持ち出している。

そんな中部長の羽村が心臓外科医の権威である恩師の名前があり驚くも、

その患者が現在沖田の患者として見ており沖田の診断だと

手術ミスの可能性が高いとされた。

その中で壮大は手術ミスの事実を黙っているように壮大は沖田に進言するが、

それでも沖田は手術を行って医療ミスを発見して無事患者の手術は成功した。

しかし羽村は沖田に口止めしようとするが羽村の制止を振り切り患者に説明した。

それにより壮大と羽村は口論となるがその後恩師の言葉に羽村は冷静になった。

そして沖田は深冬に真実を話すが既に深冬は

この状況を把握して現実を受け止められなかったシーンがメインだった。
ストーリー

深冬が倒れ、病気の進行具合を目の前に突きつけられた沖田と壮大。

手術の方法が未だ見つけられない沖田を責め、

それでも沖田を頼るしかない状況に壮大は苛立つ。

一方、関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村は、

調査対象に心臓外科の権威である医師・山本の名前があり驚く。

山本は羽村と壮大の学生時代の恩師で、羽村は山本の手術の腕に心酔していた。

そんな時、山本の患者が壇上記念病院を受診し、

羽村に気を遣った井川は沖田に担当を頼む…。

以上A LIFE〜愛しき人〜HPより


今回は深冬の状況が深刻になる中で壮大は更に冷静さを失い続けていた。

そんな中で羽村の恩師である心臓外科医の権威である医師に

医療ミスの疑いが浮上する。

驚いた羽村だったがその患者の診察で沖田が

この患者の手術にミスがあったと感じた沖田は手術を行う。

一方その事を知った壮大はそれを盾に提携話を勧めようとするが、

羽村はそれを批判する。

その直前に深冬が手術ができないほど深刻化しており、

沖田が代わりに入るほどだった。

何時か告げなければならないとタイムリミットが迫った中で

沖田は羽村が調査している患者の手術を行い、

そこで医療ミスが明らかとなり医療ミスがあった事が明らかとなる。

そして羽村はこのミスを口止めしようとするが沖田は患者に説明した。

これにより羽村の恩師は医者を辞める事となるもこの事で感謝されたのだった。

そしてこれにより病院の提携も結べたが、

沖田が深冬に真実を告げた時には既に深冬は事実を知っていたものの

それを受け止める事ができなかったのだった。

次回は深冬の手術までの過程で果たして沖田は

最善の手術方法を見つける事ができるのだろうか?

その手術方法に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。