5
8日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第1ラウンドB組

日本対オーストラリア戦が東京ドームで行われ、

4対1で日本が中田選手のホームラン、

筒香選手の2試合連続となる2ランでオーストラリアを下して2連勝で

1次ラウンド突破を確実なものにした。

試合は日本先発菅野投手、オーストラリア先発アサートンの投げ合いで始まり、

2回にオーストラリアが7番デサンミゲルのホームランで先制を許す展開となり

日本は4回まで先発アサートンに抑えられる。

しかし5回に日本が8番松田選手の犠牲フライで同点に追いついたが

その裏日本は1死満塁のピンチを迎えるが、

ここで2番手岡田投手が併殺打に打ち取り無失点で切り抜くと、

日本は7回に5番中田選手のホームランで勝ち越しに成功し、

8回には4番筒香選手の2試合連続となる2ランで突き放した。

日本は小刻みな継投リレーで最後は牧田投手が抑えて

オーストラリアを下して2連勝とした。

これで侍ジャパンは第1ラウンド突破を確実なものとして10日に中国戦を戦う。
やはりオーストラリアは侮れない相手だったという事はハッキリした。

思った以上に投手力があり、打線も長打を秘めているだけに

投手陣を攻略できなければ敗戦もあり得た。

しかしそれを振り払ったのが中田選手と筒香選手のホームランだった。

2人が打った事でチームのムードも良くなり、

ムードメーカーの松田選手も連日の打点を上げた事で打線はほぼ固まったと言える。

投手陣も菅野投手はホームランを浴びたもののその1失点に抑え、

それ以外の投手も要所を抑えた。

リレーが確り決まれば確実に勝てる訳で

次の試合では状況にもよるけれどメンバーを入れ替えて戦う事になりそうだ。

次は中国戦という事でオーストラリアが9日の中国に勝利した時点で

1位通過が決まるので出場していない選手を出場させて大会に慣れておく事も

重要な試合となる。

まずは今日のオーストラリア戦次第という事になりそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。