15日WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2ラウンドE組

日本対イスラエル戦が東京ドームで行われ、

8対3で日本が5回に4番筒香選手のホームランを皮切りに

一挙5点を上げて逃げ切り3戦全勝で4大会連続決勝ラウンド進出を決めた。

試合は日本先発千賀投手、イスラエル先発ザイドの投げ合いで始まり、

5回まで両投手の好投で無得点で迎えた6回日本は4番筒香選手のホームランで

均衡が破れるとそこから一挙5点を入れて完全に主導権を握ると

8回にダメ押しの3点を入れて試合を決めた。

しかし9回に抑えの牧田投手が3点を失ったものの

イスラエルの反撃はそこまでで終わり日本が4大会連続決勝ラウンド進出を決めた。

これで侍ジャパンは決勝ラウンドでMLBの強豪を有する相手との戦いが待っている。
負けても4失点以内なら1位通過になった試合で

日本は6回に試合を決めて8回まで無失点で抑えた。

最終回こそ牧田投手が打たれたものの

既に体制を決していた中ではある程度仕方ないとは思うけれど、

最後の形はここでは守った方が良かったとは思う。

どちらにしても次まで1週間間が空くのでここからどれだけ立て直す事ができるのか?

というのがある。

2試合の先発をまず決めるとして残るリリーフをどうするか?

30球以内なら決勝も投げられるという事を考慮した戦いが必要になる。

打線は日替わりで活躍しており、野手を入れ替えながら出場させている。

この時点で出場がないのは大野捕手位なので上手く打線は纏まっている。

今日の試合でも中田選手が不調となれば

内川選手が入れ替わって出場して活躍するなど誰が出場しても役割を確り果たしている。

急成長した小林捕手の活躍なしには語れない点も多く

弱点だった捕手も小林捕手が見事に埋めた。

チーム状態は本当に良くなっているので

準決勝で2位が何処になっても強敵に変わりなく対戦相手が決まれば

そこから戦いがスタートする。

果たして侍ジャパンは決勝進出ができるのだろうか?

その戦いはロサンゼルスに移される。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。