5
23日Jリーグ162nd第5節(年間第22節)が行われ、

アルビレックス新潟はアウェイNACK5スタジアム大宮で

年間7位大宮アルディージャと対戦し、

2対1でアルビレックス新潟が不運なゴールで先制を許すも、

最後まで積極的にシュートを放ちWFラファエル、

MF野津田のゴールで逆転勝ちを収めて勝利して連敗を4で止めて、

5勝6分11敗勝ち点21得失点差-9で年間14位に浮上した。

試合は前半から新潟が積極的にシュートを放ちチャンスを作り続けた。

しかし前半27分大宮のカウンターからFW江坂のクロス気味のボールが

そのままゴールに吸い込まれて先制を許すも、

新潟は積極的にシュートを打ち続けて前半を折り返す。

後半も新潟は積極的にシュートを放ち迎えた

後半21分MF伊藤のクロスをFWラファエルが決めて同点に追いつくと、

その3分後MF野津田が豪快なミドルシュートがポストに当たって入り

新潟が逆転に成功する。

その後新潟は大宮に押し込まれる時間が続いたものの逃げ切り

新潟は連敗を4で止めて降格圏転落から踏み止まった。

これでアルビレックス新潟はようやく内容が結果を伴いホームで連勝を狙う。
これまで悪くはなかった内容でも結果が伴わない試合が続き

苦しい展開が続いていたが、この試合では積極的にシュートを放ち続けた。

これまでの試合でパスが多すぎるというシーンについて苦言を呈していたけれど、

この試合ではそういうシーンが本当に少なかった。

積極的にクロスを入れて、積極的にシュートを放った。

何よりリードを許しても諦めずに逆転を信じてプレーした選手たちの姿を称えたい。

勝てない時は悪い事を考えがちだけれど、

こういう時だからこそ貫きそして強く闘う姿を見せる事!

そして下を向かせない戦いをさせる事が重要だ。

個人的に下手な謝罪は必要ないと言っているけれど、

謝罪する暇があるなら今できる事を全力でやる事!

こういう時はそれしかないんだ。

いかにシュートを打ち続ける事が重要かという事を示した試合であった。

次節はホームで東京と対戦する。

現在不調ながらACLで戦ったチームに油断はできない。

誰が出場しようとも出場した選手が全力を尽くす!

強い気持ちで戦い続けていこう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。