3
22日Jリーグは2020シーズンの全日程を発表し、J2アルビレックス新潟は開幕戦をアウェイ群馬で戦いホーム開幕戦は第3節に千葉と対戦する。今シーズンは東京五輪の関係でJ2では珍しく中断期間がある関係で3月から5月にかけて連戦があり、5月の5連戦がリーグ戦を大きく左右する事になりそうだ。

これでJ2リーグの日程がすべて決まりアルビレックス新潟は3シーズンぶりのJ1昇格を目指す。



いよいよ2020シーズンの全日程が発表されたけれど、まず私の2020シーズンの試合参加についてはホームゲームは全試合観戦するように調整している。4月に仕事の日に当たっているだけにこれが1番のネックではあるが2試合は都合がついているので4月を乗り切ればすべての試合に参加可能ではある。

ただアウェイについては都合の良い遠征先がなく2020シーズンについてはJ2新潟のアウェイ遠征は断念という事にした。アウェイ遠征を断念するのは2014シーズン以来6シーズンぶりですがホームについては全試合参戦できるように調整していく。

そして日程についてだけれど、強敵は何処か?と問われたらやはり大宮、千葉、磐田、徳島、東京Vになる。昨年のJ1松本、プレーオフ進出の甲府、山形については監督交代があり正直始まって観ないとわからない。それ以外のクラブについては侮れないが実力均衡という状況なので気は抜けない。

日程のポイントは最初の3試合!開幕戦はともかく、2,3戦は松本、千葉はかなりの強敵故にここで連勝できればかなり軌道に乗る事ができる。次の山はゴールデンウイークの5連戦だ。昨年3敗した金沢、2敗した福岡、30億以上の資金力ある大宮、苦手東京Vとこの5試合を3勝以上できればその後続く強敵との対戦に弾みがつく。

最大の山は6月の4試合だ!磐田、京都、徳島、山形とこの4試合を2勝1分け以上で乗り切れるかだ。7,8月はそれほどではないが9月にまた大きな山を迎える事になるがここでそれらのクラブが上にいるかいないかでかなり変わる。

そして最後の6試合の最初の3試合が最後の難関だ。よくよく見ていくと最初の12試合で波に乗れないとかなり厳しいという事だ。アルベルト監督曰く毎試合がCL決勝の気持ちで戦わなければJ1昇格はない!

いよいよ今シーズンの戦いが始まる。