3
7日ドラマドラマ「あなたの番です」反撃編第12話を視聴した。

今回は401号室の木下の部屋に踏み込んだ翔太と黒島、二階堂はそこで各部屋のごみを保管している事を発見した。しかし木下は色々なごみを集めて独自にこの事件を調べていたが彼女が犯人ではなかったようだ。

そんな中で202号室の黒島の部屋からホワイトボードを持ち出した事でシンイーたちは怪しまれている事を知り動揺が走る。一方で二階堂は周りの匂いを気にするがそこから何か掴んだらしいがその匂いから何を掴んだのか?

そして今回明らかになったのはこの事件が複数犯による連鎖の事件である事が明らかとなり、警察も犯人を一部特定したがそんな最中翔太が藤井の部屋に押し入るも藤井は匿っていた犯人たちによって翔太を拉致しようとしたシーンがメインだった。

ストーリー

木下の部屋に踏み込んだ翔太と黒島、二階堂たち。部屋中埋め尽くされた事件の資料や凶器、薬品、人体解剖図…。木下の正体とその目的とは一体…!?

翔太は木下が集めたマンション住民のゴミを、半ば強引に持ち出して調べ始める。各部屋のゴミから、複数の交換殺人ゲームの紙をはじめ、怪しい証拠品が次々と出てくる。二階堂がそのデータをパソコンに入力していく。調べていくうちに黒島のゴミから香典袋が見つかり、翔太は彼女に疑念を抱く。

翔太は、これまでの推理をまとめたホワイトボードを黒島の部屋から自分の部屋へ移すことに。翔太と二階堂がボードを運び出していると、203号室からシンイーが出てくる。ボードに書かれた推理の内容を見たシンイーはすぐ部屋に戻り、同居人のクオン、イクバルと話し合う。

翔太は、二階堂のために鍋を作って304号室を訪ねる。「他人の手料理は苦手」と断る二階堂に翔太は、犯人を捕まえるまで毎日、二階堂のために料理を作ると大まじめに告げる。 二階堂から、もっと菜奈の情報が欲しいと言われた翔太が、部屋に戻ると、玄関に見慣れない靴が…。なぜか尾野が菜奈の書斎にいた。なぜ尾野が部屋に…!?

以上日テレHPあなたの番ですより


今回は401号室の木下の部屋に突入した翔太たちが見たのは各部屋のごみだった。これだけ各部屋のごみを集める事そのものがある意味でおかしい訳ではあるが、逆に言えばここから証拠になるであろうものがあると言える。ただこの時点で木下あかねが犯人である可能性はそれほど高くないと言える。これだけ各部屋のごみを収集しているならここから証拠を隠滅するような事はしていないと言える。

このごみからわかった事はこれまでの証言からごみに捨てられていた内容と一致する事だったが、ここで黒島が言わなかった経緯も明らかになる。それは黒島があざをつくっていた事についてDVを受けていた事とそのDV彼氏が事故で亡くなっていた事だった。亡くなった経緯についてはここでは語られなかったために殺した犯人が黒島である可能性は否定できないが何らかの事情は抱えている事は間違いない。

そして今回のケースで明らかになったのはこの事件はやはり1人での犯行ではないという事だ。最も殺された中には袴田吉彦殺しのように3人で襲っているケースがある訳でシンイーが怯えたのは自らも心当たりがあるからこそである。そして明らかになった袴田吉彦殺しの真実はシンイーと不法滞在の外国人による犯行である。そして藤井もまた店長殺しを実行したという事だ。

この経緯からもこの事件は複数人による犯行である事は確実だ。そしてその犯行の先に黒幕であろう人物が存在するという事も間違いない。この事件を実行させるだけの黒幕の狙いが隠されている事だが、黒幕が誰なのか?というのは各事件の犯人が明らかになる必要がある。袴田吉彦殺しはシンイーと外国人2人、店長殺しは藤井という事でもやはりあなたの番と送られてきた人物が犯行を行っているという事だが、問題はこれからどういう手口でやったのかが明らかになっていかないとわからない事は少なくない。

翔太も藤井の部屋に乗り込んだが、そこで袴田吉彦殺しの指名手配された外国人に襲われるというピンチを向かえるのだった。

次回は2つの事件の犯人が見えた中で今度は新たなる住人が赤池夫妻が住んでいた502号室に引っ越してくる。引っ越してくる住人はどんなカギを握っているのか?次の犯人に辿り着けるか注目だ。