3
5日ドラマ「白衣の戦士!」第8話を視聴した。

今回ははるかと斎藤はなかなか告白できない状況が続く中ではるかは腸閉塞で入院していた患者を担当していた。その患者は13年前にも柳楽先生に同じ手術で助かっていただけに結婚式を翌週に控えていた事を柳楽選手も嬉しく思っていた。

そんな幸せな患者の挙式場に偶然通りかかったはるかと夏美はそこで幸せそうな患者を見届けて去ろうとしたが突然患者は倒れて緊急手術をする事になり、柳楽先生の執刀で手術は無事に成功し、患者には13年前に入院していた患者が亡くなっていた事を告げて命より大切な事はない事を伝えたシーンがメインだった。

ストーリー

はるかと斎藤、そして夏美と本城の関係がお互いに知られてしまった。しかも、4人で飲むことになった席で、偶然居合わせた柳楽にそれぞれの恋愛模様がバレてしまう。

そんな柳楽は、妻の静香に浮気を疑われて家を追い出され、病院に寝泊まりしていた。事情を聞いた本城は、元ナースで自分の部下だった静香と柳楽の仲を心配するが…。

そんな中、腸閉塞で入院していた患者・沙織に、退院の許可が下りた。13年前にも柳楽の手術を受け、柳楽を“命の恩人”と慕っている沙織。翌週に結婚式を控えていた彼女は、一年前から予約していた有名な式場で式を挙げると顔を輝かせていた。だが結婚式当日、起きてはいけない事態が起きてしまう…。

以上日テレ白衣の戦士!HPより


今回ははるかと斎藤が煮え切らない関係が続いているが、柳楽先生が家を追い出されて病院に泊まり込みしているという事はさておき、はるかは柳楽先生が13年前に手術した患者が翌週結婚式を迎える事になっていた。

腸閉塞で入院していた患者にとっては結婚式は一生に1度の機会であるだけに何としてもやりたいという気持ちが強かった。そんな幸せな患者の挙式に偶然通りかかったはるかと夏美は折角だから一目見ようと立ち寄ったらその患者が急変して緊急搬送される事になった。

ここではるかと夏美がいた事で迅速な対応ができた事が患者のその後の処置をスムーズにさせた事が功を奏して患者の緊急手術は柳楽先生の執刀で無事に成功した。

そこで柳楽先生は患者に13年前に入院していた患者は亡くなっていた事を告げて命より大切な者はないと告げたのだった。

次回は斎藤の両親が上京してくるが、父親が突然急変する。果たしてはるかはこの事態にどう向き合うのか?その対応に注目だ。