3
2日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第21話を視聴した。

今回はドイツから帰国した四三は女子体育を進めていく為に女学校の教師になる。当時の女学校はいかに専業主婦になる為の教育が中心だったが、骨格から鍛え直していくという事で四三は最初は誰もやらない状況から始めたが1つのキッカケにより運動を始める生徒が現れた。

そしてシマが結婚する事になりスヤと仲人を務める事になったシーンがメインだった。

ストーリー

1920年、アントワープオリンピックでメダルを逃した四三は失意の内にヨーロッパを旅し、第1次世界大戦の傷跡が生々しいベルリンを訪れていた。そこで四三が目にしたのは戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性たちだった。その姿に大いに刺激を受ける四三。帰国するとスヤから引退して熊本に帰るよう頼まれるが、その胸には日本に女子スポーツを根付かせるという固い決意が生まれていた。

以上NHK大河ドラマいだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜HPより


今回は四三がドイツから帰国して女性も五輪を目指すという時代が来る事を察した事により四三はまず女学校で生徒たちにスポーツを教えるところから始める事にした。しかし当時の日本は女性は家庭に入って旦那の世話や家の事をする役割が当たり前の時代でありそう簡単に理解してもらえる状況ではなかった。

しかし四三は根気強く生徒たちを説得してついに少しずつではあるが運動をやり始める生徒が現れた。そして動きやすいようにハリマヤに頼んで運動服を新調してもらった。

四三は結婚するシマの仲人を務める事になったが、ここから女学校での体育が始まる事になるのだった。

次回は四三は体育教育を指導していく中でどうやって生徒たちを成長させていくのだろうか?その成長に注目だ。












大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編
大友良英
ビクターエンタテインメント
2019-03-06