3
1日大河ドラマ「いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」第33話を視聴した。

今回は治五郎が倒れた事でイタリアへは政治と杉村、副島がイタリアへ行く事になった。そこで副島も倒れてしまい日本は窮地に陥るも病を押してまでイタリアへ来た事をムッソリーニは感銘し1940年は日本に譲る事を決意する。

そんな中でオスロで行われたIOC総会では色々な駆け引きが行われるも、政治問題は持ち込まないという事で政治問題を持ち込んでしまった中で開催都市決定は翌年に持ち越されてしまった。

そんな中で治五郎は日本から出る事ができない中で自ら招待する事を思いつき日本にIOC会長を招待する事が決定するシーンがメインだった。

ストーリー

1940年のオリンピック招致をめぐり互いに激しく争う東京とローマ。治五郎は田畑らをイタリアの独裁者ムッソリーニとの直談判に派遣する。

しかし、ムッソリーニとの会見直前、IOC委員・副島道正が急病で倒れてしまう。招致の命運がかかったIOCオスロ総会は、他国の政府首脳に働きかけようとした日本の動きをめぐって大紛糾。絶体絶命の状況下で、治五郎は逆転の秘策を思いつく。

以上NHK大河ドラマいだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜HPより


今回は政治は取材という名目でイタリアへ向かう事ができたが、この時代の政治にはまだ五輪招致への力はなく、全ては副島と杉村に全てを託す状況だった。そんな中でイタリアでは副島が病で倒れた事で大ピンチを迎えるも杉村の機転によりムッソリーニはここまで来た事に感銘し1940年は日本に譲る事を決める。

しかしこれには政治的な駆け引きもあり、後の日本、ドイツ、イタリアの3国同盟に繋がっていく事になるが、IOCでは政治問題を持ち込む事は許されておらず、結局は翌年に決定は延期される事になった。

でもそれにより治五郎が行けない事を踏まえて治五郎はIOC会長を日本に招待するという事で問題を解決しIOC会長を日本に招待する事で招致をしようと考えたのだった。

次回はそんな中で2.26事件が起きてしまう。果たしてそんな中でもIOC会長をもてなし東京招致に成功するだろうか?そのおもてなしに注目だ。








大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 後編
大友良英
ビクターエンタテインメント
2019-07-24