3
9日スタートのドラマ「家売るオンナの逆襲」を視聴した。

このドラマは2016年7月期に放送された家売るオンナの続編で、三軒家万智が売れない家はないと言って家を売りまくるストーリーであるが、今回は敗北を屈して逆襲していく。

久しぶりに戻ってきたサンチーさんは屈辱的な敗北から立ち直れるのだろうか?

2年半ぶりにサンチーさんが帰ってきた。その間に屋代課長と結婚してサンチー不動産を経営していた訳だけれど、テーコー不動産から復帰オファーを受けた事で復帰する事となり屋代課長とサンチーはテーコー不動産新宿営業所に戻ってきた。

戻って早々家を売りまくるサンチーだったが、そこにあるライバルの出現でサンチーは敗北する事になる。ここから逆襲劇が始まっていくのだがサンチーはどう逆襲していくのか?レビューしていきたい。

ストーリー

天才的不動産屋・三軒家万智と、その夫にして課長の屋代は、古巣・テーコー不動産からの熱烈ラブコールに応えて新宿営業所に戻ってくることに。

復帰早々家爆売りモード全開の万智は自称「三軒家チルドレン」こと庭野が担当していた客・花田夫妻に目をつける。夫の定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子は何かと物件にケチをつけて決めない様子。万智と庭野はえり子から本当は熟年離婚をしたいと打ち明けられる!

一方、新宿営業所には炎上系YouTuberのにくまるが来店し、担当した足立に『世間から自分を守る家』を探して欲しいと話す。その夜、足立は趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治に出会い…。

翌日、花田夫妻に家を売ると宣言した万智は離婚を希望していたはずのえり子をとある物件に案内する。さらに万智は、あることがきっかけで担当を降ろされた足立に代わり、にくまるの家も売ると宣言!失意の足立は、留守堂が同業の不動産屋であると知り、心を許して…。無敵の家売るオンナ・三軒家万智の前に最強の家売るオトコ・留守堂謙治が立ちはだかろうとしていた!!

以上日テレ家売るオンナの逆襲HPより


今回は2年ぶりにテーコー不動産に戻ってきた屋代課長とサンチーは売り上げの落ちた新宿営業所の立て直しに動く。復帰早々サンチーは腑抜けた新加入の営業社員やデスクに気合を入れて動かすと自らは庭野の案件に同行して老夫婦の物件に立ち会う。

そこでサンチーは2人の現状を把握して離婚を考えていた妻を離婚したら暮らせなくなるという事を提示した上で家庭内別居をしてでも一緒に暮らせる家を提供して見事に復帰早々家を売って見せた。

しかし次なる顧客を担当していた足立の顧客YouTuberのにこまるの物件では当初足立はセキュリティ万全のマンションを提示したが、全く安心できず逆にそこで現れた留守堂なるフリーの不動産屋がライバルとなる。

突然のライバル出現にサンチーは一度にこまるを留守堂に渡ってしまう。しかしそこからサンチーはタダでは転ばなかった。YouTuberで一躍脚光を浴びた者は脚光を浴び続けないと生きられないという性格を熟知していたサンチーは白洲美加を呼び出してサンチー劇場をYouTubeで流し始めて、そこからにこまるの失っていたYouTuber魂に火がついてサンチーが売ろうとしていた家は見事に1億で売る事に成功した。

ここにサンチーの前にフリーの不動産屋留守堂謙治が立ちはだかる事になる。

次回はライバル出現にさらに燃え上がるサンチーに高齢老女と交渉する事になる。果たしてそこに留守堂はどう口説き落とし、サンチーはどう逆襲するのか?その攻防に注目だ。