5
10月3日公開の映画「バクマン。」を鑑賞した。

この映画は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、

集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、

ジャンプで1番を目指していくストーリーである。

数多くの漫画が存在するけれど、

本当に成功できる漫画家は多くない狭き門の世界だという事を現実的に描かれている。
デスノートの原作・大場つぐみ、作画・小畑健のコンビによる

漫画界を描いた作品だけれど、

漫画が原作の実写作品やアニメ作品も多いが

その多くはこのように漫画から生まれている。

漫画の読者層は幅広いがその多くが若い世代となるのが

少年ジャンプになる訳だけれど、

少年ジャンプで連載を続けることももちろん難しいけれど、

連載を持つ事も当然難しい訳でそこにたどり着けるのは

ほんの一握りである事はまず理解して鑑賞しなければならない。

この作品では現役高校生の設定ではあるけれど、

正直なところ現役高校生が漫画の連載を持つというのは

現実的ではないと思うんだけれど、

それは漫画の連載がいかに過酷なのかという部分になる。

そういう視点を観ながらレビューしていきたい。

キャスト

真城最高演じる佐藤健

高木秋人演じる神木隆之介

新妻エイジ演じる染谷将太

亜豆美保演じる小松菜奈

福田真太演じる桐谷健太

平丸一也演じる新井浩文

中井巧朗演じる皆川猿時

川口たろう演じる宮藤官九郎

服部哲演じる山田孝之

佐々木演じるリリー・フランキー

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

高校二年生の真城最高と高木秋人は、コンビを組んで漫画家を目指すことを決める。

画力のある最高が作画担当、文才のある秋人が原作担当だ。

なんとか書き上げた漫画が週刊少年ジャンプの手塚賞に準入選した二人は、

同じ高校生にも関わらず、“10年に一人の天才”と言われ

すでにデビューしている新妻エイジと出会う。

エイジに触発された二人は、連載を目指して漫画を描きまくる。

やがて「この世は金と知恵」という漫画で連載開始となるが…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして高校2年生の真城最高と高木秋人は

偶然の話の中で漫画家を目指す事になる。

画力のある最高、文才である秋人が原作と完全に切り分けているけれど、

コンビの場合はお互いの阿吽の呼吸が合わないと難しい側面がある訳だけれど、

原作を書けても作画が書けない秋人と作画は書けるけれど

文才ではない最高との利害関係が一致したからできた奇跡のコンビである事は間違いない。

そんな2人だったが最高は叔父が漫画家だった事もあり漫画家の制作部屋があった。

そこで最高と秋人は初めての漫画を描いていく事になる。

しかしそこからが色々と経験しないとわからない事があるというもので、

初めて集英社の少年ジャンプ編集部に持ち込んだ2人だったが

型こそ漫画となっていたが少年ジャンプに掲載できるような内容ではなかった。

漫画雑誌というのは雑誌によって特徴がある訳で、

大人向けの漫画雑誌なら大人向けの内容を!

若い世代向け雑誌なら若い世代向けの内容がある。

これはどんな内容を持ち込むか?

というのはあるので一概に内容は特定できないものの、

持ち込む漫画雑誌がどんな内容なのかとどんな作画が多いのかも

確り見極めて持ち込まないと当然簡単に載せてもらえるほど甘い世界ではない。

そんな中で編集者は2人の才能を感じて色々と手直しを求めてくる事で

編集者としては才能をキープする。

当然可能性を感じたなら当然簡単にお引き取りしてもらう必要はないので

まず1度課題を与えてから再度提出してもらう事になる。

そして2人は色々と相談した事により格段に

作品の精度が上がった作品を持ち込み

そしてその作品が手塚賞に出品され見事に準入選を果たした。

ここで佳作でも難しいところを準入選だからそれだけの実力があるという事になる。

しかしここで次の連載まで至るまでの過程が更に困難だった。

言うまでもない事だけれど、2人の前には1人10年に1人の天才

という新妻エイジという存在がおり、すでに連載をしていたからだ。

そしてエイジがいるのに2人の高校生は必要か?という議論になり、

作品こそ良かったが連載は見送りとなった。

編集部の結論についてはやはり現役高校生という漫画の連載が

それだけ甘いものでない事を編集長が知るからこその決断は正直正しいと思う。

しかしそれでも諦めきれない2人は再度漫画を考慮して

「この世は金と知恵」という作品で再度連載を勝ち取るために提出する。

そして編集部もこれに折れて2人は晴れて連載を持つ事になった。

しかしここからが過酷だった。

漫画家だけで食べている人でもアシスタントをつけて

仕事量の負担を減らしている現実を踏まえれば

学業をしながら漫画の連載を持つなんて事は片手間でできるほど

漫画の連載は甘くない事を思い知られる事になる。

作家なら作品を書き上げるまで時間を要するケースがあるので

高校生作家だったとしても成り立つ。

現実現役高校生で文学賞関連の賞を受賞した方がいるのは連載でないからこそだ。

しかしジャンプの発売は1,2週間に1度なので毎週締め切りが迫ってくる。

ここでかなり先まで完成していれば多少遅れても締め切りに追われないが、

2人にはストックがなく毎回締め切りに追われて次第に体を蝕んでいく。

デビューこそ最初は読者ランキング上位だったが

次第に下降して打ち切り対象となる2ケタ順位まで目前になっていた。

そんな中でテコ入れなども行った事で順位を盛り返すが

そんな中で最高が過労で倒れてしまい連載休載のピンチに陥る。

血尿が出るほどなので相当無理していたという事になるけれど、

私もこの夏に血尿はなかったものの過労により入院を余儀なくされ

人生初の入院生活を経験したので最高の苦しさを自分の倍以上だと察すると

かなり酷使されて動けないほどの状況だったと思う。

最高の診断はおそらく過労による肝機能障害で全治1か月というところだろう。

これでは普通に仕事をするなんて無茶な訳で

この後無理を押して再びペンを取る訳ですけれど、

果たして最高と秋人はジャンプで1番を取れるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

漫画家は命を削るほど厳しい職業なので最高のように

学業もやっていたら当然倒れてしまいます。

秋人が倒れなかったのは運が良かったといえますが、

漫画家は漫画に専念していかないと無理だという姿を描いたのは

過去に叔父が漫画に捧げた事で39歳で死去した事も

編集者もわかっていたしだからこそ最高の入院で休載を選択したのは正しい選択肢だった。

本来最高の入院の症状の場合2週間は点滴をしなければならないし、

その後投薬しないと完治するのはさらに遅れる訳で漫画家という過酷さを

うまく描いた事は評価できます。

それでも書くという想いは理解するとしても

最近は労働環境の問題を踏まえるとこれで最高が万が一死去した場合は

集英社の責任を問われるので編集者も自らのクビを掛けた決断だったといえます。

漫画界の厳しさを知る上で目指すなら中途半端な状況では

目指してはならないという警告ではいい意味のある作品だったと思います。

総評として漫画の連載の過酷さ!

そして漫画家として生きていく厳しさを実に上手く描かれていました。

漫画の事を知らない人でも漫画の想像力は無限大の世界だと感じた半面

その世界で活躍できるのはほんの一握りだという事も知る事ができたと思います。

作画・小畑健さんは新潟市出身ですが、新潟にはアニメ・漫画情報館があり、

新潟から数多くの漫画家を輩出している事を知る事ができます。

丁度NGT48で新潟が注目されているので

漫画に興味がある人は是非1度立ち寄ってもらえると漫画の魅力を知る事ができますし、

新潟には日本アニメ・マンガ専門学校もあるのでアニメ・漫画を学べる場所もあります。

劇中で声優を目指す亜豆美保のように声優を目指す人は

国際映像メディア専門学校に声優科もあるので

漫画・アニメ・声優を目指す方は厳しい世界ではありますが

基礎を学ぶには良い学校かもしれません。

でもこの世界で本当に一流になれるのは一握りだという事を

この映画で知ってから目指してほしいです。

夢がある世界ではあるものの夢を実現するのは簡単ではない事と

過酷な道である事をまず知ってほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。







バクマン。 (JUMP j BOOKS)
久麻 當郎
集英社
2015-09-18



新宝島 豪華初回限定盤(映画「バクマン。」BOX)
サカナクション
ビクターエンタテインメント
2015-09-30