5
1月30日公開の映画「残穢―住んではいけない部屋― 」を鑑賞した。

この映画は引っ越した部屋に何かがいるという問い合わせを受けた

ホラー小説家がその部屋以前の家の事を調べていくと

ある事件の過去に辿り着いていくストーリーである。

過去にその場所で何があったのか?

どうしてその場所そういう事起きたのかを追跡していくと

今住んでいる場所の過去を知る事になるだろう。
過去その場所に何があったのか?

長年住んでいる人じゃないと知らない事が多いけれど、

その場所で何が起きて誰が住んでいたのか?

を本当に知る人は実際に限られたりする。

このストーリーはある出来事をキッカケに過去にあった出来事を調べる話である。

そのある事とはその部屋に誰かがいるという話を受けたホラー小説家が

その部屋の過去を調べ続けていたらある出来事に辿り着くという話だ。

特にマンションが建っている前の出来事に及んでいく。

果たしてその場所で過去何があったのか?レビューしていきたい。

キャスト

私演じる竹内結子

久保さん演じる橋本愛

三澤徹夫演じる坂口健太郎

私の夫演じる滝藤賢一

平岡芳明演じる佐々木蔵之介

他多数のキャストでストーリーが進行する

ストーリー

私はホラー小説家だ。

ある日、久保さんという女子大生から

「今住んでいる部屋で奇妙な音がする」という手紙が届いた。

その音の正体が気になって、私は久保さんとともに調査を始めた。

調べるうちに、久保さんの部屋だけではなく、

そのマンションに住んで引っ越した人たちの多くが、

引っ越し後に奇妙な事件を起こしたり自殺したりしていることがわかる。

私と久保さんは、そのマンションが建設される以前の土地の歴史を調べることにする。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてホラー小説家の私は

ある日久保さんという女子大生から今住んでいる部屋で

奇妙な音がするという手紙が届き調査を開始するところから始まる。

その部屋ではどういう訳か何か擦るような音がするというのだ。

調査を開始するとそういう現象はこのマンションで多数確認されるという

久保さんの部屋だけじゃない事が判明する。

久保さんの部屋は過去に何人も短期間で住人が入れ替わるという

曰く付きの部屋だったが自殺した人がいた訳じゃなかった。

ほかの部屋もまた同じく自殺者などはなくただ短期間で

入れ替わるという入れ替わりの激しいマンションではあった。

確かに賃貸マンションの場合入れ替わりの激しさは珍しい事ではないけれど、

あまりにも安かったりするとその理由が知りたくなるものだ。

そして私は久保さんと共にこのマンション以前に

何かあったのではないかと考え調べ始めると

そのマンション以前には何軒か建っていた事がわかる。

まあ普通にマンションが建っていたならそれ以前に

どんな住人住んでいたのかという事になる訳だけれど、

色々な事情があってその土地を手放したのは間違いない訳だが、

そのうちの一軒家である出来事を知った。

その出来事とはごみ屋敷の老人が遺体で発見された事だった。

時々あるごみ屋敷だが、最初からごみ屋敷だった訳じゃなく、

何かにうなされていたというのだ。

そしてそれはさらにさかのぼる事戦後間もないころに起きた事件があったことを知る。

実は戦後10数年経た頃にこの場所で自殺した人がいたのだった。

その自殺した人は娘が嫁いだ直後だったという。

その直前にその母親は何かにうなされていたというのだ。

そしてそれはさらにさかのぼる事100年以上前に

ある人物が隔離された過去あったというのだ。

その人物はそのまま隔離されたまま亡くなったという。

さらにその家の住人は別の地域である事故に遭遇していたことを知り

舞台はある場所に移る事になった。

果たしてその住人の過去に何があったのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

江戸時代からこの場所に誰かが住んでいれば当然何かあったと言えるのだけれど、

それを知る人は地元の人でも本当に限られる訳であり、

入れ替わりの激しい地域では本当に知る人誰もいない事も珍しくない。

実際に私も今の場所に住んで35年以上経るけれど、

それ以前ここがどうなっていたのか?

というのは実はよく知らなかったりする。

最も私の人生の大半は今の場所に住んでいるので

35年は知っていてもそれ以前については知らないのが普通だったりする。

ただ色々な話を聞いたりすると今住んでいる場所は

元々山だった場所でその場所を開拓したらしい。

さらに大昔には戦略拠点上重要な場所だったという歴史があるらしいのだが

あまりにも大昔過ぎて場所が特定できていない付近らしいという事のようだ。

これは区役所で昔の歴史から知ったりするのだけれど、

今住んでいる場所が過去何があったのか?

調べると色々な事を知ったりするが、

どうしても住んでいる人が少ないと何も知らずに終わる事が多いものだ。

このストーリーではそこに住んでいた住人が

かつてある場所に住んでいた事による件で

移り住んできたが故に起きた事件が引き金らしいのだが、

この調査ではその事件で終わっている。

確かにそれ以前を調べられるか?

と問われるともう知る人がいないので無理だろうからね。

住んでいた人の人生によるところが大きいのかもしれない。

総評としてこの事件はある出来事によって悲劇が繰り返されてきた。

1度は清算しようとしても霊までは清算できなかったりする。

ただ1つ言えるのはどこに住もうともその場所には

必ず何かの過去があったという事だ。

その過去何があったのか?知った方がよいのか?

それとも知らない方がよいのか?

全てはその場所で暮らして現象を感じなければ気にする必要はないという事だ。

でも現象を感じるのならその場所から離れる事を選択する物件となり

それが訳アリ物件になるのだという事だろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

残穢
小野 不由美
新潮社
2012-07