5
3月19日公開の映画「ちはやふる [上の句]」を鑑賞した。

この映画は末次由紀原作のちはやふるを実写化した作品で、

かるたに青春を掛ける少女がかるたで全国を目指していくストーリーである。

競技かるたを知る上では色々と勉強になるけれど、

一瞬の語句が勝負の明暗を分けるかるたの難しさも知っていく事になる。
かるたというと百人一首で語句からかるたを奪うのだけれど、

実際に色々な語句を知らないと勝負にならないのもかるたである。

この競技をやる人にとっては全てのかるたの語句を知った上で

やっている人が殆どなわけで、

初心者が競技者になるにはそれなりの時間が必要という事も

この作品で素人と玄人の違いで描かれている。

そういう点も踏まえながら高校に入学してかるた部を設立した少女が

全国を目指していく姿をレビューしていきたい。

キャスト

綾瀬 千早演じる広瀬すず

真島 太一演じる野村周平

綿谷 新演じる真剣佑

大江 奏演じる上白石萌音

西田 優征演じる矢本悠馬

駒野 勉演じる森永悠希

須藤 暁人演じる清水尋也

木梨 浩演じる坂口涼太郎

若宮 詩暢演じる松岡茉優

宮内 妙子演じる松田美由紀

原田 秀雄演じる國村隼

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

高校に入学した真島太一は、競技かるた部を創設しようとしている

幼なじみの綾瀬千早と再会。

千早との賭けに負け、かるた部に入ることとなる。

他に、かるた経験者の西田優征、呉服屋の娘の大江奏、

変わり者の駒野勉ら計5人で競技かるた部がスタート。

全国大会出場を目指す千早は、その熱量で部員たちを巻き込み、

みんなかるたに夢中になっていく。

実は千早には、福井に引っ越した幼なじみの綿谷新と

全国大会で再会したいという願いがあった。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして千早は高校に入学して念願だった

かるた部を作ろうと奔走するところから始まる。

しかしかるた部を作るには最低5人の部員が必要だった。

千早に幼馴染の太一、そしてかるた経験ある西田は決まったものの、

残る2人が決まらない。

そんな中で呉服屋の娘で百人一首に興味がある奏、

勉強ばかりしている勉が加わってかるた部が設立された。

しかし既に全国で戦った経験のある千早、太一、西田はともかく、

奏と勉は全くの初心者故にそのレベルの差は歴然だった。

それは百人一首を全て知った上でなおかつわずかな言葉の語句を読み取って

素早い反射神経が必要な訳で簡単な競技ではない。

それを合宿で補おうとするが、実際に簡単な作業ではなかった。

但し、競技かるたなので5人による団体戦で3人が勝利すれば

勝ち上がれるのが競技かるたという事で奏、

勉が勝てなくても上位へ行く事は千早、太一、西田が勝ち続ければ上へ行けるのだった。

実際に予選ではその通りになっていく訳だけれど、

実際にそれだけではチームワークが成り立たないのも事実ではあった。

果たして千早はチームを纏め全国へ行く事ができるのだろうか?

上の句の結末は劇場で観てほしいけれど、

競技かるたをやるにはそれだけの百人一首の知識と、

それだけではない予測力、反射神経が必要なだけに

頭が良いだけでは勝てない競技でもある。

その中でメンバーが1つになって戦えるチームになっていく姿が上の句では描かれた。

下の句では一体このチームで全国を制覇できるのだろうか?

全国大会の行方に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。