5
11月12日公開の映画「ミュージアム」を鑑賞した。

この映画はある裁判員裁判で裁判員を務めた人たちを狙った

連続猟奇殺人事件でその犯人を追う刑事の妻も犯人のターゲットにされている事を知り、

妻を守るために奮闘するストーリーである。

事件の先には様々な要因が絡んでおり1つの間違いが

多くの間違いを引き起こす事になるという事を知る事になるだろう。
猟奇な犯行の先には猟奇になるだけの要因があるというけれど、

この事件もまた1つのミスから更なる悲劇が起こる訳だけれど、

それを知るのは後半なのだが、

それ以前に犯人はどうしてこのような事件を起こすようになってしまったのか?

を考えていく必要がある。犯人を追う刑事もまた事件を追うばかりに

家庭との距離が遠くなっていた事に気づかされていく。

果たしてこの事件の全貌とはどんなものだったのだろうか?

キャスト

沢村久志演じる小栗旬

沢村遥演じる尾野真千子

西野純一演じる野村周平

菅原剛演じる丸山智己

秋山佳代演じる田畑智子

橘幹絵演じる市川実日子

沢村将太演じる五十嵐陽向

沢村久志の父演じる大森南朋

岡部利夫演じる 伊武雅刀

関端浩三演じる松重豊

カエル男演じる妻夫木聡

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。

犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。

犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。

事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、

驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。

カエル男の次のターゲットとは…。

犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。

果たして、カエル男の真の目的とは…?

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして雨の日に起きる連続猟奇殺人事件を追う

沢村久志はこの事件の異常性に普通の刑事は

吐き気をするほど異常性の強い事件だった。

犯行は決まって雨の日だけというどうして犯人が雨の日だけ犯行を行うのか?

それがこの事件の最大の謎ではあった。

犯人が君は有罪!

という自らが裁判員になったかのようなセリフを残している点も

この事件の異常性がある。

当初は被害者の共通点が全く見えない中で捜査が続くが

突然カエルの被り物をした犯人が久志の前に現れて追うものの、

そこで犯人を追った同僚の西野が捕まって

久志の目の前でビルから突き落とされてしまうが、

この時犯人はある行動でその場を立ち去ったのだった。

この事件が自ら犯した事件にも関わらず別人の事件とされた事による

猟奇殺人を起こしていたのだった。

ここで冤罪事件が引き起こした悲劇という事になるんだけれど、

裁判員裁判まで持ち込まれた場合この時点で冤罪とわかる状況なのか?

と問われると裁判では事実上覆る事があまりないという現実がある。

普通の裁判員が裁判に参加した場合検察の物証で判断するために

その物証を疑ってみる事があるのか?と問われると実に難しい事だと思う。

それが後で別人だったと知っても時すでに遅しではある。

犯人の目的がわかった久志はその裁判に自分の妻遥も参加した事を

危惧した久志は遥を探し始めるが、

そこで遥と息子は既に犯人に誘拐されていた後だった。

犯人の手がかりを探すために色々と辿るとこの事件に関わるある事件に辿り着く。

その事件は生き残った子供がおり、

その子供はある病気により太陽を浴びる事ができない病気だった。

故に犯人は雨の日しか犯行を行わないという事だった。

それを手掛かりに犯人に辿り着こうとする久志はある女性に辿り着いた。

そこから犯人が住むと思われる場所に向かうがそこでは犯人の罠が待ち構えていた。

果たして犯人から妻と子供を取り戻す事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

この事件の始まりは幼少期の事件から始まっている。

普通に生きられなくなった犯人が日の当たらないところで

暮らし続けた事で次第に歪んでいった。

その先に待っていたのがサイコパスの猟奇殺人という訳だけれど、

犯行手口は裁判員裁判に見立ててその人たちの事情を知った上で行っている。

その事からも相当調べ尽くしていたという事だ。

そしてそれをミュージアムとして芸術としている。

こういうサイコパスの犯行は常人では対抗できないほど難しいものであり、

こういう行動を理解する事は難しいものだ。

ただ言える事はこういう犯行をしなければ生きられなかったほど歪んでいたという事だ。

犯人はこれが普通であり犯人の常識だ。

光を浴びない世界で生き続けた先に殺す事を厭わないほどの

殺人事件を普通に行うというのは人間を人間と思わないからできる犯行ともう言える。

この事件の結末を観た時誰かが終止符を打たなければならないものだという事だ。

総評としてこういう事件には事件を起こすまでの経緯を知る事が重要であり、

それがわからなければこの事件の真相に辿り着けない。

猟奇殺人の先にみるのは目を覆うほどの殺人内容であり、

普通の人間が耐えられるものではないという事だ。

その事件を解決するにはそれだけの殺人を観ても乗り越えるほどでなければ

この事件は止める事ができない。

止めた先に見るのはそれも悲劇でしかないという事だ。

事件には必ず真相がある。

その真相に辿り着かなければこの事件を理解する事は難しいだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。