3月18日公開の映画「3月のライオン 前編」を観賞した。

この映画は羽海野チカ原作の3月のライオンを実写化した作品で、

幼い時に両親を失った少年が将棋で生きていく姿を描いたストーリーである。

孤独の中で生きる少年が居場所を見つけていく姿に何を見るのだろうか?
将棋の世界は実力社会でありプロから陥落した時点で収入が0になる世界である。

その世界で何十年も生き残る事は本当に大変な事であり、

それだけ毎回命をすり減らしながら戦い続けている。

その世界に若干15歳でプロになった少年が

将棋の世界で生きる中で居場所を見つけていく。

果たして少年の居場所とは何処になるのだろうか?

キャスト

桐山零演じる神木隆之介

川本あかり演じる倉科カナ

川本ひなた演じる清原果耶

川本モモ演じる新津ちせ

川本相米二演じる前田吟

美咲演じる板谷由夏

島田開演じる佐々木蔵之介

二海堂晴信演じる染谷将太

幸田柾近演じる豊川悦司

幸田香子演じる有村架純

宗谷冬司演じる加瀬亮

後藤正宗演じる伊藤英明

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、

東京の下町にひとりで暮らす17歳の棋士・桐山零。

幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、

孤独を抱え、来る日も来る日もすがりつくように将棋を指し続ける零。

そんなある日、同じ下町に住む三姉妹・川本あかり、

ひなた、モモと出会う。

それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった…。

激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、

陽だまりのような川本家の食卓。

数々の対局とあたたかな人々との交流を通じ、

零は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして桐山零は中学生でプロの棋士となった。

そこまで至るまで零には両親の死、

引き取られた先での孤独な日々を経て

今は1人暮らしをしながらプロの棋士として戦い続けている。

そんな零にある変化が訪れた。

それはある日出会った三姉妹の家族との出会いだった。

家族を失ってから常に孤独の中で生きてきた零にとって

それは久しぶりの家族の暖かさだった。

しかし零には大きな問題は抱えていた。

それは引き取られた幸田家の養子として生きてきた中で

幸田家の実子との軋轢に合った。

幸田家とはプロの棋士幸田柾近によって零は引き取られた。

そこに2人の実子がおり歩と香子がいる。

当初は2人の実力が圧倒的に上だったが、

次第に零は2人を追い抜き、

実力社会で生きる柾近は2人を奨励会から退会させたことで

軋轢が生まれて零は2人の標的となってしまったのだった。

なかなか血の繋がらない者同士がわかり合う事は難しく、

それが実力で辞めさせられたとなればそれは面白くないし、

実子より養子を重視する父親に確執を抱くのはわからないではない。

特に10代ではそれを理解する事は難しいし、

それがわかるまでには長く時間を要する。

まだまだ香子にはそれが理解できない時間が続いているのだと思う。

そして零もまたその香子の存在が零にとって影を落とす結果となっている。

そんな零は二海堂晴信に誘われて島田開八段の島田研究会に入る事になる。

そこで初めて零はタイトルを目指す目標ができたが、

その前に新人戦を勝ち抜く必要があった。

その中で零は見事に勝ち抜いて優勝を勝ち取る。

そして島田がタイトルを賭けて戦った対局で解説をするところで

島田に起死回生の逆転策があると走るのだった。

続きは劇場で観てほしいけれど、

前編ではとにかく零の過去と幸田家との軋轢、

そして川本家との出会いと交流が描かれるけれど

零にとっては川本家が新たなる居場所となっただけに後編では

川本家を中心に将士としてタイトルを目指して行く。

果たして後編ではどんな展開が描かれるのだろうか?

見逃せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

3月のライオン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]
河西健吾
アニプレックス
2017-01-25






3月のライオン 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
河西健吾
アニプレックス
2017-04-26