5
7月1日公開の映画「忍びの国」を観賞した。この映画は伊賀を収めていた忍者集団が織田軍に攻められて織田軍との攻防を繰り広げるストーリーである。当時忍者は大名にとって情報戦や刺客として使っていたが実際に忍者集団の手強さを信長も理解していたという事を知るだろう。
忍者は色々な仕掛けや超人的な動きをする者たちであり、戦国時代においては情報を得るためなどに用いられた。それだけ通常の武士とは全く違う存在であり、この存在が多くいる伊賀は兵力では勝っても少数精鋭を相手にする事がいかに大変かというのを信長も理解していたのは石山本願寺との戦が終わるまで本格的に攻めなかった事からもいかに忍者が恐れられていたのかだ。そんな伊賀も結束していた訳ではなく元々財政難の国であり各国に出稼ぎで成り立っていた。その中に無門という無敵のような忍者がこのストーリーの中心となる訳だけれど果たして織田軍に対して伊賀の忍者はどう戦うのか?

キャスト

無門演じる大野智

お国演じる石原さとみ

下山平兵衛演じる鈴木亮平

日置大膳演じる伊勢谷友介

織田信雄演じる知念侑李

北畠凛演じる平祐奈

長野左京亮演じるマキタスポーツ

百地三太夫演じる立川談春

北畠具教演じる國村隼

下山甲斐演じるでんでん

下山次郎兵衛演じる満島真之介

音羽の半六演じるきたろう

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。しかし、その信長でさえ攻め入ることができなかった、たったひとつの国。それが伊賀。そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕だが、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。ところがある日、ついに織田軍が伊賀討伐の兵を挙げる。最強織田軍 対 伊賀忍び軍。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして信長が丁度足利義昭を京から追放して畿内をほぼ手中に収めようとしていた時期になっても伊賀だけは侵略せずにいた。大和が松永久秀の謀反で攻略しただけにその勢いで伊賀に攻め込む事も考えられたものの結局石山本願寺の抵抗が激しく石山本願寺との戦は10年に及んだ。信長としても石山本願寺がある以上そう簡単に伊賀に攻め込む事も難しいと判断していたのは十分理解しているし、そうでなくても北陸への侵攻など兵力を各地に分散しなければならなかった。それだけ忍者の国である伊賀は戦略的に攻略するのに重要な国でなかった事も大きい。確かに特定の兵力がある訳じゃなく纏まりがある訳じゃない伊賀に対して伊賀から信仰される可能性はそれほど大きくなく、国力を見ても領国を占拠できるだけの力もない。ただ戦うと手強い相手故に攻め込むなら何倍の兵力が必要となれば畿内が落ち着くまでそのままにされるのは必然だった。

そんな中で伊勢を任されていた次男の信雄は伊勢を手中にして父信長に手柄を立てなければと焦っていた。元々信雄はそれほど武将として才出たものがあった訳じゃなく父の力によるところが大きかった。そんな伊賀から突如国の乗っ取りをしてほしいと下山平兵衛が訪れた事で天正伊賀の乱の幕が開けるのだった。その中に無門という伊賀随一の忍がいたが戦った者は尽く討ち取られるほどの強さを持っていた。ただ無門が唯一頭が上がらないのが以前忍の仕事でさらったお国だった。どの時代も女は強いという事になるものだけれど、ならず者の集まりで纏まりのない伊賀は内部でのいざこざも絶えなかった。その中でも何処かに侵略された時のみ一致団結になるという掟があったものの、その多くは織田軍の侵攻で逃げ出すものが続出するという事態に陥り伊賀は窮地に立たされる。しかし無門が伊勢に忍び込んだ先である願いの物を託された無門はその言葉で一致団結する事になったのだった。果たして伊賀は織田軍から守り抜く事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、この戦いの見どころはいかに忍者が武士と戦うか?という事だ。当然人数で劣る伊賀は普通の戦いでは勝ち目はない。その中で忍術を駆使して相手を翻弄し続ける事で互角以上の戦いを繰り広げたのである。そしていつの時代もそうだけれど一致団結した理由が銭の力であるというのは何とも皮肉な話であるという事だった。

総評として忍者はこの時代において戦略的に重要な役割を担った半面全ては銭次第で動いた忍者も少なくなかった。その中で何のために生き、何のためにその術を使ったのかを今の時代に知る術は少ない。でも歴史において武士対忍者の戦いがあったという事だけは事実だと歴史は証明している。





忍びの国 (新潮文庫)
和田 竜
新潮社
2011-02-26