5
2月15日公開の映画「フォルトゥナの瞳」を観賞した。この作品は飛行機事故で奇跡の生還を果たした少年が大人になり死ぬ直前の人が透けて見えるという特殊な能力を持ちながら運命の人と出会い運命の人を守るために行動していくストーリーである。

人の死が見えるとなった時何ができるのか?考えさせられる事になるだろう。




人の死が見えるという能力は確かに便利なのか?そうでないのか?難しいものである。その人の死の直前に透けて見えるというのはその人にしか見えない訳で自身の死は見えないという。そんな少年は死の直前が見えるようになったのは飛行機事故で奇跡の生還をしてからだという。

確かに人は死ぬ直前の経験をすると見えないものが見えるという事もあるらしいが、その能力がある為に苦悩する青年はある女性との出会いで大きく運命が変わっていく。果たして青年の最後の決断は?

キャスト

木山慎一郎演じる神木隆之介
桐生葵演じる有村架純
金田大輝演じる志尊淳
宇津井和幸演じるDAIGO
植松真理子演じる松井愛莉
黒川武雄演じる北村有起哉
遠藤美津子演じる斉藤由貴
遠藤哲也演じる時任三郎

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎は、友人も恋人もなくただ仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」−フォルトゥナの瞳−を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分はなぜこんな力を持ってしまったのかと苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで桐生葵という女性に出会う。明るく、自分に対し夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合い幸せな日々を過ごす2人。しかしそれもつかの間、突然葵の身体が透け始めてしまう…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして幼少期に飛行機事故で家族を失った木山慎一郎は友人も恋人もなくただ仕事のみに生きていた。そんな慎一郎はある日自分が人の死の直前に透けて見えるという能力に気づき始める事から苦悩していく事になる。

そんなある日使っていたガラケーが壊れた事で携帯ショップへ行く事になった慎一郎はそこでショップの女性と運命的な出会いをする。ガラケーを何とか使いたいという思いがあった慎一郎だったが、既発売終了という事で新しいスマホに替える必要があったが何とか使い続けようとする。しかしそんなやり取りをしていると携帯ショップの女性の手が透けて見えた事でその女性を助けるために直後にカフェに来てほしいと告げる。

その後その女性はカフェに来た事が功を奏したのか透けて見えていた手は少なくなっていた。その女性は桐生葵という女性でこの葵との出会いが慎一郎の運命を大きく変えていく。

そんな慎一郎は働く自動車整備工場の社長の手が透けて見えた事で再び社長を助けるために体を張って社長を守った慎一郎だったが、その事により慎一郎の心臓に激痛が走るようになる。そんな頃に携帯ショップの葵が突然自動車整備工場に現れた事をキッカケに葵と付き合うようになる慎一郎だったが、葵が何故か私は慎一郎のおかげで助かったという事をある新聞記事と共に持ってきた事によるものだった。

普通の人なら気づかなそうな事でも葵だから気づいたのはこのストーリーの終盤に知る事になるのだが、それでも慎一郎は直感のよい葵と付き合うようになり、そして飛行機事故以来幸せな日々を送るようになる。

しかし慎一郎はある医者との出会いにより同じ能力を持つ者がこの世の中に何人かいる事を知るが、その医者からの宣告は誰かを助ければ全て自分の身に降りかかるという事だった。それが慎一郎の心臓の痛みとリンクしているのだった。

そんな中で慎一郎はある子供たちが透けて見えた事によって運命が大きく変わっていく。自分は何のために存在するのか?という意味を考えながら慎一郎はある行動を起こす事になる。果たして慎一郎はその行動の先に何を見るのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、人の死が見えるという事はその死を防ぐ事もできるという事だ。ただその死の要因が何なのかを知る為には先回りしなければわからない訳で最初は慎一郎も葵をどうやって救ったのかがわからなかった。でも救い方をわかって事により慎一郎は最後の最後で自らの身と引き替えにするのだった。

総評として自分の役割は何だったのか?というのは人それぞれだが、少なくても慎一郎はこの身を持ってでも救いたい人がいたというのは確かだ。そしてその救いたい人がその後に明かした真実こそそ慎一郎の運命の人だった。運命の人を助けるために身を持って救った先には救えなかった命があったからこその行動だった。





フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)
百田 尚樹
新潮社
2015-11-28






映画チラシ フォルトゥナの瞳 神木隆之介
2019「フォルトゥナの瞳」製作委員会