5
5月24日公開の映画「貞子」を観賞した。この映画は1998年に公開されたリングに登場する山村貞子の呪いが今の時代も続いているストーリーで20年前の生き残りの1人が受診していた病院に勤める医師と弟が貞子の呪いに巻き込まれていく姿が描かれたストーリーである。

貞子に1度呪われた者は逃れられない運命なのだろうか?





何度かシリーズ化されている山村貞子ですけれど、これだけ日本が誇る呪いの象徴が20年以上経ても続くという事は本当に凄い呪いの存在だと思います。私がこのシリーズを初めて観たのがもう20年以上前になる訳ですけれど、貞子は色々な形を変えて生き続けているという事になる訳で、昨今のデジタル化により当時はビデオテープでしか生きられなかった貞子が今は動画の世界に生きる事になった事でより一層犠牲者が増える事になった。

今回もまたその1人、また1人と犠牲になっていく訳だけれど、その中で唯一貞子を見て20年生き続けた人物が登場する。果たして貞子の呪いから逃れる事はできるのだろうか?

キャスト

秋川茉優演じる池田エライザ
石田祐介演じる塚本高史
秋川和真演じる清水尋也
少女演じる姫嶋ひめか
藤井稔演じる桐山漣
祖父江初子演じるともさかりえ
倉橋雅美演じる佐藤仁美

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

病院で心理カウンセラーとして働く秋川茉優は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始める。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして病院で心理カウンセラーをしている茉優は1人の少女が警察に保護された事により事件に巻き込まれる事になる。その女性はどうして母親に閉じ込められる事になったのか?というのはどうやら貞子の呪いと関係しているらしいが、この少女は貞子を呼ぶ事ができるらしい。

それを恐れた母親は少女を監禁していたという事だ。しかし茉優にはもう1人関わる人物がいた。倉橋雅美という20年前に貞子を見ながらも20年間生き続けている唯一の生き証人だ。

倉橋雅美の友人大石智子が貞子に殺されたのは丁度20年前となる。大石智子は当時貞子の事件を追っていた浅川玲子の姪であった事からもこの事件からの時間の繋がりが描かれる事になっている。

この繋がりを知っているとこの時代の時系列が見えてくる訳でもある訳だが、あれから貞子はずっと生き続けてきたという事だ。そして貞子はまた現代に甦り当時を知る数少ない人物すら狙い始めていた。

それとも知らずに茉優はこの事件に巻き込まれた弟を探すために事件に首を突っ込んでいく。そして倉橋雅美から貞子の呪いを教えられた時にはもう貞子から茉優は逃れられないところまで来ていた。そして弟を助けるために茉優はある場所へ向かうのだった。

結末は劇場で観てほしいけれど、もう貞子にロックオンされてしまった者は逃げる事ができないという事だ。最も貞子の呪いを止める方法がそもそももう存在しないと言っていい今貞子から逃れるためにはとにかく関わらない事だ。どこからでも現れる事ができる貞子はもう誰も止める事ができない最強の呪いだ。最もあの伽椰子ですら勝てない相手ですから貞子を止める事は事実上不可能と言える。

総評として貞子は結局のところ誰も止める事ができずにこれからも何処かで出現し生き続ける事になる。何人もの人が貞子の呪いを解くために挑んだが誰も止める事ができない貞子はもう次のターゲットを狙い続けている事だろう。





リング
松嶋菜々子
2013-11-26



らせん
佐藤浩市
2013-11-26



貞子 (角川ホラー文庫)
牧野 修
KADOKAWA
2019-04-24












貞子vs伽椰子
山本美月
2017-02-20