5
6月7日公開の映画「町田くんの世界」を観賞した。

この作品は安藤ゆき原作の漫画を実写化した作品で町田一という不器用だが愛される青年に周りが翻弄されていくストーリーである。町田くんが周りに与える世界とはどんな世界なのだろうか?




細田佳央太さんと関水渚さんという演技経験が少ない2人が演技経験抜群の脇役たちの中で中心になって進んでいくという最近では朝ドラでもあまりないケースだけにもう脇役だけで映画ができてしまうほどのメンバーを揃えられた事も凄いのですが、そこに素人同然の2人が主演というのもある意味面白い訳です。

そんな2人が中心になっていく町田くんの世界は周りの人たちを大きく巻き込んでいく事になる訳ですが、果たして町田くんが描く世界とはどんな世界なのだろうか?

キャスト

町田一演じる細田佳央太
猪原奈々演じる関水渚
氷室雄演じる岩田剛典
高嶋さくら演じる高畑充希
栄りら演じる前田敦子
西野亮太演じる太賀
吉高洋平演じる池松壮亮
吉高葵演じる戸田恵梨香
日野演じる佐藤浩市
町田あゆた演じる北村有起哉
町田百香演じる松嶋菜々子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

町田くんは運動や勉強が不得意で見た目も目立たないが、困っている人を見過ごすことのできない優しい性格で、接する人たちの世界を変える不思議な力の持ち主だった。ある日、町田くんの世界が一変してしまう出来事が起こる。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして運動神経も勉強も不得意で目立たない存在だが、困っている人を見過ごす事の出来ない青年町田一は周りの人たちと接すると世界を変えるような不思議な力を持つ人だった。

時々いますけれど、その人がいるだけで空気が変わるという存在が町田くんであり、その中で接する事になる猪原奈々は不登校であまり学校の授業に出ない生徒だった。そんな猪原と接する事になった町田くんは知らないうちに猪原の事を気にするようになる。

そんな町田くんの家は多くの兄弟がおり、母の百香は出産目前だった。そんな町田くんの周りには色々な人たちが町田くんと接する事で色々な刺激を受けていく事になる。

当初は静観していた猪原の幼なじみの栄りらも町田くんと接する事で猪原に好意を持つ町田くんを次第に応援するようになるし、当初はライバルと目していた高嶋さくらも途中から諦めて町田くんの気持ちを尊重するようになる。

とにかく町田くんはそれだけ周りの気持ちを変える力を持っている人であるという事だ。そんな町田くんは猪原が転校する事を知り追いかける事になるが、果たして猪原は町田くんの気持ちを受け止める事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、最終的には有り得ないような展開になっていきますが、それはさておき町田くんはとにかく真っすぐなんです。そして誰かを助けたい気持ちが強い人なのです。それ故に時として思いがけない行動もしてしまうほどの人ですが全く悪気はありません。色々な経験をするとこういう純粋な気持ちは無くしてしまうものですが、町田くんの行動を観ていると忘れていた気持ちを思い出させてくれるのだった。

総評として素人の2人が演じた役は不器用ながらも気持ちの伝わるものだったし、何よりも経験がないからこそ周りが後押ししてあげようという作品も久しぶりに映画では出会った。周りを動かす気持ちにさせる事がどれだけ難しいのかはそういう経験をした人じゃないとわからない事もあるけれど、何かを動かすという事はそれだけ動かしたい気持ちと純粋な気持ちがなければ動かないという事を町田くんは教えてくれた。