5
6月28日公開の映画「凪待ち」(PG12指定)を観賞した。

この作品は人生に躓きながら生きてきた男がある女性の故郷で暮らす事になり、そこで交際する女が殺され自暴自棄になりながらも残された妻女の娘と共に生きる希望を見つけていくストーリーである。

香取慎吾独立後単独主演作品となる今回はこれまで演じた役よりもくずな男を演じている。




人生色々上手くいかない事が少なくないけれど、ギャンブルに溺れて女にも迷惑をかける男が交際している女の故郷でその娘と共に暮らし始める事で人生をやり直そうとする。そんな矢先に交際している女が殺されるというショッキングな出来事に遭遇した男は果たしてどうやって立ち直っていくのだろうか?

キャスト

木野本郁男演じる香取慎吾
昆野美波演じる恒松祐里
昆野亜弓演じる西田尚美
昆野勝美演じる吉澤健
村上竜次演じる音尾琢真
小野寺修司演じるリリー・フランキー

他多数のキャストでストーリーが進行する。


ストーリー

パートナーの亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷・石巻で再出発しようとする男・郁男。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう…。

結末は劇場で観てほしいけれど、ギャンブル依存症の郁男は何時も仲間とギャンブルに講じるほどギャンブル依存症だったが、仲間のトラブルによってその生活に終止符を打つ事になり交際していた亜弓と共に亜弓の故郷でその娘美波と暮らし始めるという事になる。

何かの人生の分岐点の時にはそれだけの思い切った事をする事はあるが、それも両親の世話という理由が大きい。多くの人が40代以上になると両親の事を考えなければならなくなるので、これは他人事ではない。

そんな郁男は美波の地元で仕事にありついて普通の生活を送ろうとする中で悲劇が起きる。娘の美波が家に戻らない事で口論となり亜弓を途中で降ろしてしまった事から亜弓が殺されて発見されてしまう。

籍を入れていなかった郁男はこのまま居続ける事ができる状況でなく行き場のない怒りで自暴自棄となり、辞めていたギャンブルにも再び手を出していく事になる。依存症って抜け出しても再び再発してしまうものなので本当に完治するのが難しい。

そして郁男は亜弓の父親に迷惑をかける事になるが、亜弓の父親はそんな郁男を見捨てる事はしないのだった。どうして見捨てる事をしないのか?という疑問が浮かび上がってくるが、その理由は亜弓の父親の過去にあった。そして事件は急展開を迎え郁男はある事から一発逆転の賭けに成功するものの果たして郁男は再生する事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、色々不器用で迷惑をかけている郁男は外から見れば本当にどうしよもない男だ。でもそんな郁男を最後まで見捨てないのが意外にも亜弓の父親というのがこのストーリー最大の見どころではある。誰にも見捨てられない人がいる。そういう人の為には色々な事をする気持ちになるが、それもその人の人生の経験によるところが大きい事をラストで知る事になるのだった。

総評として誰にも人に迷惑をかける事がある。その迷惑がどれだけのものなのかは人それぞれだがそういう経験を経て人は生きている事を改めて感じる事になる作品だった。








凪待ち
加藤正人
キノブックス
2019-04-28