5
7月6日公開の映画「Diner ダイナー」を観賞した。

この作品は人生に転落した若い女性が殺し屋専門の店でウェイトレスとして働く事になり命の危険に晒されながら生きる意味と目標を見つけていくストーリーである。

生きるか?死ぬか?の極限の中で知る本当に生きる意味とは?




人生に転落した若い女性が命の瀬戸際で辿り着いたのがダイナーという殺し屋専門の食堂だった。殺し屋専門という事で扱いを間違えば当然命がない訳であり、命の瀬戸際で接客する事になるが、そこで出会うシェフが生きるための術を教えられていく事になるがその先に命の危険と隣り合わせの中で生きる術を見つけていく。

果たして彼女の生きる意味と生きる目標はどう見つけたのだろうか?

キャスト

ボンベロ演じる藤原竜也
オオバカナコ演じる玉城ティナ
スキン演じる窪田正孝
キッド演じる本郷奏多
ブロ演じる武田真治
カウボーイ演じる斎藤工
ディーディー演じる佐藤江梨子
ブタ男演じる金子ノブアキ
マテバ演じる小栗旬
マリア演じる土屋アンナ
無礼図演じる真矢ミキ
コフィ演じる奥田瑛二

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまったオオバカナコは、ボンベロに買われダイナーでウェイトレスとして働くことになる。元殺し屋で天才シェフのボンベロが君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、個性的すぎる殺し屋たちが次々とやって来る。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして怪しいバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされる事になったオオバカナコはダイナーという殺し屋専門食堂でウェイトレスをする事になった。

ダイナーのシェフボンベロは料理の腕前は一流でありながら殺しの腕も一流とここでウェイトレスをした者は尽く命を落としているほどの店であった。当然ながら相手は全員殺し屋という事で1つの過ちが死に直面する訳で当然と言えば当然だ。

そんなカナコはウェイトレスの仕事を初めて色々な殺し屋の客と接していくが、最初は怯えながら仕事をしていくが、殺し屋と言っても最初から殺し屋だった訳ではない。様々な人生を経て殺し屋になっていった事をカナコは知っていく。カナコもまたひとりになって生きてきた身としてその殺し屋の生きざまを無視できなくなっていく。

そんなカナコは闇の組織の抗争にダイナーも巻き込まれていく事になるが、そんな中でカナコにも危険が迫っていた。そしてそんな中でボンベロからある料理を伝授される事になる。果たしてカナコはこのダイナーから生きて抜け出せるのだろうか?そしてボンベロはカナコにどんな料理を伝授したのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、緊迫した攻防戦の連続でカナコも生きた心地をしない時間を過ごしていく。当然1つのミスが死を招くという事はカナコも解っているだけに本当に1つの接客が命がけになる。その中で数々の殺し屋と対面していく訳だけれど、そんな中で1つの料理が命を分ける事になる事で料理1つでも命を分ける事を知っていくが、そんな極限の場所だからこそカナコもまた料理で人生を変えられる事を知っていく。そんなカナコはボンベロから託された料理で自らの人生を切り開いていく。

総評として死と隣り合わせの中で知る生きる意味をカナコは知っていく。その中で1つの料理でも人生を大きく変えていく事も知っていく事になるが、誰もが何かを食べなければ生きていけない訳で、1つの料理が人生を変える事でカナコもまだどん底の人生から抜け出したのだった。








ダイナー (ポプラ文庫)
平山 夢明
ポプラ社
2012-10-05
























映画『Diner ダイナー』Original Soundtrack
Shinichi Osawa
cutting edge
2019-07-03