5
7月26日公開の映画「アルキメデスの大戦」を観賞した。

この映画は戦艦大和の建造を阻止したい山本五十六たちが戦艦大和の建造の見積りに違和感を感じてその見積り根拠を見破る為に天才数学者を引き入れて戦艦大和建造を阻止しようとするストーリーである。

戦艦大和の建造に何があったのか?そしてどうして戦艦大和の建造は最終的にはされる事になったのか?




戦艦大和は最終的には建造される事になるのだけれど、それを阻止しようとした山本五十六たちの攻防がこのストーリーでは描かれる。山本五十六たちが立案した空母に対して、平山案が出された戦艦大和の建造に対して果たしてその費用が妥当なのか否かの攻防が繰り広げられる。

その攻防の果てにみる戦艦大和の運命とはいかに?

キャスト

櫂直演じる菅田将暉
田中正二郎演じる柄本佑
尾崎鏡子演じる浜辺美波
大里清演じる笑福亭鶴瓶
大角岑生演じる小林克也
宇野積蔵演じる小日向文世
永野修身演じる國村隼
嶋田繁太郎演じる橋爪功
平山忠道演じる田中泯
山本五十六演じる舘ひろし
藤岡喜男演じる山崎一
尾崎留吉演じる矢島健一
高任久仁彦演じる奥野瑛太
料亭の女将演じる角替和枝

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

日本と欧米の対立が激化する昭和8年。日本帝国海軍は大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六は、これからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言し、その計画に待ったをかけた。だが上層部の。世界に誇示する大きさの「大和」建造支持は変わらず、危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で「大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くためだった。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして欧米列強との対立が激しくなった1933年に大型戦艦大和の建造計画が計画されていた。この計画は世界的には極秘とされており建造すれば条約違反となるものだった。

このストーリーでは歴史を変えられないという事で冒頭で戦艦大和が沈むというシーンから描かれるというどうしてこうなった?というところを描かれていく訳だけれど、冒頭のシーンは本当に迫力あるシーンだった。いくら最強の戦艦でも孤軍奮闘ではどうする事もできないという歴史を知る事になる訳だし、空を制する者が世界を制するという山本五十六の考えが正しかったと言える。

そんな1933年に日本は新たなる大型戦艦建造を巡って山本五十六と嶋田繁太郎が真っ向対立した事から平山忠道が出してきた見積り案が安すぎた事もありこの見積りを見抜く事が空母建造に向けた打開策となっていた。

そこで白羽の矢が立ったのが天才数学者と言われた櫂直だった。櫂直は帝国大学に在籍していたがある事が原因で退学しておりアメリカへ留学する事を決めていた。そんな櫂直に着目した山本五十六は櫂直を説得して平山案を潰すために櫂直にすべてを託す。

とはいえ資料は全く揃っていない中で見積りを見破らなければならなかった櫂直はその根拠を探すために戦艦長門を計る事で戦艦大和の見積り根拠を破ろうとしていた。

そんな動きを察した嶋田らは櫂直らの動きを妨害する為に様々な妨害工作をする。そんな櫂直はかつて家庭教師として教えた尾崎鏡子を頼ってかつて戦艦の材料費を提供していた造船業者に材料費を教えてもらおうと大阪に向かうがそこでまさかの会議が明日になった事を告げられるのだった。果たして櫂直は嶋田らの見積り案を阻止する事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、どうして戦艦大和は建造される事になったのかは最後の結末で描かれる訳だけれど、山本五十六の主張通りに空母中心の建造をしていたとして果たして日本は勝てたのか?というもしもという話になると難しいけれど、仮に空母中心の航空戦力を揃えたとしてもアメリカの物量を踏まえたらやはり同じ道を辿っていた事だろう。

それでも航空戦力を重質させていたらもう少し戦況は違った形になっていたのではないかとは感じる。それだけ日本の航空戦力は当時あっただけに戦艦大和に投じられた費用を航空戦力に投じていたらと思う気持ちはある。ただどうして戦艦大和が建造されたかというこのストーリーの結末を踏まえると日本に絶対的な存在が必要だったというのはあったと思う。

総評として毎年必ず戦争に関する作品を観る事になるけれど、戦争をして良い事は1つもないというだ。国を守る戦力としては必要でも領土を広げる為の戦力としては必要としない。ただ今の時代もそうれだけれど平和である為には戦力がなければ守れないものがある。日本は戦争のない時代を生きているけれどそれがあったのは戦争を経験して敗れたからこそあるという事を忘れてはならない。