4
1月10日公開の映画「カイジ ファイナルゲーム」を観賞した。

この映画は2009年、2011年に公開されたカイジシリーズの続編で今回は東京五輪後の不況下の中でファイナルゲームを戦う事になったカイジ最後の戦いが描かれる。

シリーズファイナルでカイジはどんな最後の勝負を見せるのだろうか?



前作から9年の空白を経てカイジが最後の蹴りを付けるために帰ってきた。このシリーズではどうしてもギャンブル要素が高い事もありあまり高い評価を付けていないのですが、やはりシリーズを見届けてきた者として最後まで見届ける必要がある訳で、カイジ最後の戦いを見届ける事にした。

そんなカイジは東京五輪後の不況下でファイナルゲームを挑む事となりオファーを受けたカイジはこのファイナルゲームに勝利する事ができるのだろうか?

キャスト




ストーリー



結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとしてあれから9年こういう人生逆転ゲームから足を洗ったカイジだったが相変わらず貧乏生活から抜け出せない日々を送っていた。そんなカイジにあるオファーを受ける事になる。

それがこの国を守るためのファイナルゲームに参加してほしいというオファーだった。このゲームに勝利しないとこの国は相殺されて資産が全て価値が無くなってしまうという恐ろしい事態でもあった。

それをオファーしたのが東郷滋という資産家で共に参加する事になったのが桐野加奈子というラッキーガールと廣瀬湊という東郷滋の秘書だった。ここで指すファイナルゲームはここで獲得した資金によって政治家を買収してデフォルトを阻止しようというものだった。

そして参加したカイジだったがこのゲームには様々な協力者が必要とした。それを集めなければ勝利がない事をカイジは知った事で様々な工作をしていく事になるが、それを妨害されそうとなりカイジは苦戦する。

その前に登場するのが4つのゲームだ。

GAME 1バベルの塔

GAME 2最後の審判〜人間秤〜

GAME 3ドリームジャンプ

GAME 4ゴールドジャンケン

以上の中でGAME 2がほぼメインゲームとなる。バベルの塔についてはカイジを試すだけのゲームだったのでこれは省略するが、やはり最後の審判〜人間秤〜にどうやって勝利するかがポイントになっている。これは資金力が全てのゲームなのでいかに資金力ある人を呼び寄せる事ができるのか?それが全てになる。

ここで様々な攻防を繰り広げられていく訳だけれど、ここで様々な人間関係が攻防として繰り広げられていく。そしてカイジはこのゲームから一発逆転への布石は様々な工作から繰り広げられていく事になる。果たしてカイジはこのゲームに勝利して日本を救う事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、カイジとしてはこれがファイナルゲームとなった訳だけれど、最終的にはカイジはお約束通り悪魔的な結末になってしまうのだが、それもカイジらしいと言えばカイジらしい終わり方だと思うし、何よりもカイジは勝負運は強いけれど、金運はとことんないのだという事でもある。

それでもカイジは最後に誰かを救ったという点ではファイナルゲームに相応しい終わり方だった。

総評としてカイジは勝負運の強い人だという事はこれまでのシリーズからもわかっていたけれど、お金の使い方についてはとことん下手だな・・・というのが勝負運と金運の違いになっていると感じる。カイジの身近に金を管理できる人がいたならまた違った人生を歩んだのかもしれないが、1度人生を転落してしまうととことん悪魔的なビール以外は彼にとって最高の報酬にならないのだと感じた。

カイジはこれからもキンキンに冷えたビールを求めて毎日暮らしていく生活に戻っていったのだった。