5
1月17日公開の映画「記憶屋 あなたを忘れない」を観賞した。

この映画は忘れたい記憶を消すという記憶屋の存在を追う青年が記憶屋を探すために奔走するストーリーである。

恋人が突然記憶を失った時にあなたはどう向き合うだろうか?



これまで色々なファンタジーのシリーズがあるけれど、今回は記憶を消すという記憶屋の存在が描かれる。正確に言うと記憶を消去するという事でリセットする訳だけれど、忘れたいほどの記憶を消すという事は人はそれだけ思い出したくない記憶があるという事でもある。

しかし人の記憶は忘れられない事が多く、その記憶はひょんなことから思い出す事も少なくはない。それでも消してほしいと思う人がいる訳でその記憶を消した事で何が変わり、何が変わらないのか?記憶屋の行動を追っていく。

キャスト




ストーリー




結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして吉森遼一は付き合っていた恋人澤田杏子が突然記憶を失くしてしまった事で動揺する。このような事があるなんて信じられない遼一は都市伝説で言われていた記憶屋の存在を調べ始める。


遼一には幼馴染の河合真希という女性と同居しており、相談しながらも真希にはそういう事をあまり語らないまま記憶屋を探し始める。そこで頼ったのが高原智秋という弁護士がこの事に興味を持ちいろいろと調べてもらう事になった。

そこでまずこの事例が必ずしも1つじゃないという事だった。その共通点としてある事件に襲われた人がその事を覚えていないという事である事と、その事件の後に必ず誰かに会っていたという事だった。

遼一の幼なじみ真希は幼い頃に誘拐された経験があり、その経験があるにもかかわらず真希はその事を全く覚えていなかった。それがなぜなのかを探る為に遼一は当時警察官をやっていた菅原慎一と対面するも結局その証拠を掴めなかった。

そんな中で記憶屋に出会った人の多くはその後その忌まわしい事件を思い出す事なく救われている事を知りどうして遼一は杏子の記憶から自分が消されてしまったのか?その疑問だけが残った。そして慎一もまた自分の別れた妻の娘に自分の記憶を娘から消してほしいという事を望んでおり記憶屋を探していた。

そんな中で遼一は記憶屋を観たという人物と出会った事で記憶屋について近づく事になった。果たして記憶屋は何者なのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、まずどうして杏子は記憶が消されたのか?という事がポイントになる訳だけれど、少なくても杏子が遼一を忘れたくて記憶を消す事を望んだものではないという事は後で描かれていく。その理由を知る事になるにはそれぞれの記憶を消された人たちがどうして消されたのか?というところになる訳だけれど、消したいほどの理由というのはやはりその事情を知ったら消してほしいという気持ちはわからなくない。

そして杏子からもそれと同じ理由で記憶が消されたという事なのだが、そこでどうして遼一の記憶が消されたのかは記憶屋を知る事になればその理由が明らかになる。記憶屋も人の子なのでその気持ちから遼一の記憶が消されたという事になるのだが、ここで探していた慎一の希望は記憶屋は受け入れるのか?という事にもなるけれど、それは劇場で観てほしいところだ。

総評として消したい記憶がある事は世の中ある。しかし消したくない記憶がある事も忘れてはならない。消したい記憶、消してはいけない記憶は何なのかは人それぞれなのだが、消したい記憶は理解しても消してはいけない記憶というのはなかなか依頼人の意向を沿うかは色々な状況判断になるのだと感じる。

それでも何かを通じて忘れない記憶はあって良いのではないかと改めて感じた。